【DQ10】クーちゃん

クーちゃんとのダブルすれ違いに成功しました~
 
DQ10 (110)
今回も前回のプーちゃんの時と同じく某所でまず3DSすれ違いを達成して、本日アストルティア内で本人とのご対面です。
 
DQ10 (113)
HPの通りだとランガーオ村から順番に回るだろうと予想されましたが、まさかのアグラニ村からのスタートでした。
 
DQ10 (109)
盗賊さんなのですね。
 
DQ10 (112)
前回のプーちゃんの時はとんでもなく人だらけで見えないほどでしたが、今回はバッチリ写っています。
 
DQ10 (111)  
オルフェアの配信クエスト第一話に続き第二話をクリアしました。
特にボス戦などはありません。
すぐそばのオルフェア東で少々狩りをするだけです。
配信当日だから混み混みかな~?と思ったけど、さほど人は居ませんでした。
比較的簡単に達成できるので長居する必要も無いからかな。
目的の物を入手しましたので、近くに居たサンダーフロッグを倒してみました。
するとレアドロップが。
メダルかな~と思ったら、中身は「目覚ましリング」でした。
主な効果は、眠りガード+50%
これはリュウイーソー狩りに役に立ちそう。
装備するためには閃きリングを外さなければなりませんが、まあ日輪でタコ殴りするだけでMPは30分間もつので、装備する価値は有ると思う。
眠ったら危険が増すだけでなく、自分とザメハする僧侶と両方のターンも無駄になり、戦闘が長引き、ひいては時給の低下に繋がりますからね。
 
さて、普段から私はキラキラのみならず街の中のツボやタルなどもできる限り漁っているのですが、
「うしのふん」や「うまのふん」
さすがにこれらは薬草以下の売値にしかならず、邪魔なだけなので拾ったそばから捨てていました。
がしかし、
今は「それを捨てるなんて、とんでもない!」です。
なんとバザーに出せば、一個が100~130Gで売れるのです。
理由はランプ錬金でルカニやヘナトスを付加させるのに必要だからだと推察します。
そんな錬金効果、以前なら見向きもされず、たまにパルプンテで付いたとしても失敗作として捨値で出品するしかありませんでした。
しかし今は、それらの錬金効果の付いた武具が引っぱりだこなのです。
コア層はもうほとんどレベル上げもパッシブ取りも終わっていて、主に強ボスや、特に今からは迷宮でアトラスやバズズからバトルチョーカーやソーサリーリングをゲットする事に必死だと思います。
その戦闘で是非欲しいのがそういった装備なのです。
しばらくは需要の高い状態が続くと考えます。
そんな戦闘に参加できそうにない私たちライト層や中間層の人は、ひたすらフンを拾って売り捌いて懐を温めるのが適当な役回りかと。
他のプレイヤーを観察していると、キラキラはもちろん、場合によっては青宝箱すらスルーして先を急いでいる人達をよく見かけます。
「あっほやな~( ´Д`)=3」と思って見ています。
一攫千金など狙わず職人もせず、物を拾って売り捌くだけで一財を築き上げる事だってできるのにね。
 
そして広場を見ていると、やっぱり早速、まだ見ぬバズズのレアドロップお宝のソーサリーリング実装に対して嫉妬丸出しの文句タラタラ投稿している連中の多いこと多いこと。
負け犬の遠吠え・・・いや、挑戦すらせず喚いているだけだねあれは。
それなりに大量の時間を割いてインして頑張ってレベル上げしてお金貯めて良い装備を揃えて何度も挫けず挑戦してきた上客に対する報酬でしょう。
やりもせずに文句だけ言うとか恥ずかしいと思わないのだろうか?
「平等至上主義」ほど世界を衰退させる「悪」は無いと改めて感じる今日この頃です。
Posted by れいな on 25.2013   4 comments   0 trackback
Category :DQ10

【DQ10】いつまで続けるか

さて、DQ10を発売日の2012年8月から半年弱プレイしておりますが、いったいいつ「引退」するのか。
考えねばならない大きな問題です
マリカWiiの時は「何が引退よ。大仰な表現して。そんな事を言う人に限ってまたすぐに復活するんだから。」って思っていましたが、DQ10は違います。課金制で、その区切りでストップさせれば基本的にインできなくなりますので、「引退」という言葉が適切です。
やりたくなったらまたいつでもインできる。というタイプのゲームではありませんのでね。
 
「飽きてきた」とかその様な変化は毛頭ありません。むしろ逆です。
寝ても覚めても頭の中はDQ10の事でいっぱいです
現に、このブログも以前は3日に1回は必ず更新していて、内容も多趣味でした。
しかしDQ10をやる様になって、
ネタは浮かんでも記事など書いている時間すらもったいない。
という様に、自由時間のほぼ100%をDQ10に費やしている有様です。
課金している手前、プレイしなきゃもったいない。
素晴らしいサポート仲間を雇えたからその契約が切れてしまう前にできるだけレベル上げや強敵討伐をしたい。
お買い物や食事や遊びに行く友人や家族の誘いも断って、一分一秒でも早く自室に帰って、イン人口が少ないうちに良質サポート仲間を雇って、高く素材を売却して、人気の狩場で元気玉使って・・・
いろんな理由で自分をDQ10に拘束している現状が有ります。
 
「そこまで夢中になれる物が有るという事は幸せな事だ。」
とマリカの時と同様に自己正当化して自分を納得させて続けていますが、
延々と何年も、となるとちょっと恐ろしいですね(>_<;)
「五体満足で元気で若い今の貴重な時間を、どんだけ浪費してんねん! そんなもん、老後に、ボケ防止のためにでも楽しんだらええやろ。」と警鐘を鳴らしている自分が居ます。
どこかでピシッと線引きしなければなりません。
 
DQ10 (108)
ロードマップ(クリックにて拡大)が公開されましたのでだいたいの目安は付ける事が可能です。
このゲーム、ぶっちゃけ現在のWii版は有料βすなわち試作品(プロトタイプ)でしょう。
実際、カジノやコロシアムや続きのストーリーなども現在必死で製作中との運営からお便りが有りました。
見切り発車的に未完成品での有料サービスを開始している様なもの。
それでも十二分に課金プレイする価値のある、素晴らしい内容ですけどね。
真の完成された製品版は春に出るWiiU版の方でしょう。
当然それは買います。ちなみに現行版をプレイしている場合は半額で購入可能とのこと。
まずはそれを存分に楽しみ、ストーリーの続きであるレンダーシア解放等のお話、その辺りまでは辞める事はないでしょう。
それ以降も続けるとなるとキリが無くなりそう(´・ω・` )
具体的にはこの2013年の秋ぐらいまでかな。
この辺りはみんなだいたい同じ様な事を考えているかな~
「次のバージョンアップを楽しんだら辞めよう。」とか言いながらダラダラと何年も続けていては、一向に卒煙できずにひたすらお金と心と健康を毟り取られるニコチン依存症患者みたいですね。
その様な事にだけは絶対ならない様に注意したい。
期待を良い意味で裏切る程の神アプデをエニックスが連発すれば非常に引退しにくくなる嬉しい悩みどころとなるのですが、果たして・・・
 
エニックスも商売ですから一応、「子供から大人まで」全年齢対象として売り出していますが、私は異を唱えます
ネトゲを、子供にやらせるなぞ論外だと思います。
藤澤Dの運営だよりで、ライト層・コア層どちらを対象にしていくか「今は」まだ決めるには時期尚早。
という言葉が有りました。
裏を返せば、いずれはどちらか一方は斬り捨てるという事ですね。
答えは明白です。当然コア層に重心を置いて開発を続けていくでしょう。
まあ至極自然な成り行きだと思います。
とりあえずはソフト自体をたくさん買ってもらう事が最優先なので最初の間口は広く。
課金プレイヤーの維持に関してはコア層にフォーカス。
利益を出さねばお話になりませんので、このやり方を理解はできますが、賛同はしかねます。
本来は初めから、ライト層には敷居が高くてハマると極めて依存症に陥り易いMMORPGそのものだと謳って発売すべき作品ですね。ナンバリングのDQ10ではなく、「DQオンライン」という別枠タイトルにすべきです。
 
とりあえず言える事は、それ程にハマる神ゲーだという事。
私からマリカ起動する気を完全に奪い去る程のゲームなんてもう無いだろうと思っていただけにね。
現在暇で何か熱中できる趣味が無いかな~?と探してらっしゃる方が居ればオススメです。
ただし、毎日の「to do」の優先順位をきちっと考え、それを実行できるだけの自己コントロール能力が有る人に限りますが(^_^;)
Posted by れいな on 23.2013   4 comments   0 trackback
Category :DQ10
 

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する