スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by れいな on --.--
Category :スポンサー広告

盲腸

正しい医学用語シリーズ第三弾は、
 
「盲腸」
非常によく聞く病名だと思いますし、実際に罹って手術を受けた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ですが、これは「病名」ではありません
ご存知の方も多いかなと思いますが、正しくは「虫垂炎」という疾病です
 
盲腸-1
盲腸というのは、小腸から大腸に代わってすぐの場所にある、本来の通路(上行結腸)と反対方向にある行き止まりのわずかな長さの大腸の一部分です。
すなわち「病名」ではなく、「臓器名」です。
 
更にその先っぽに細~い数cmほどのヘタみたいな袋小路があり、それが「虫垂」です。
腸の外側から見ると、まさにイモムシが垂れ下がっている様に見えるからそんな名前が付いたのでしょう。
その部分に細菌が繁殖して炎症を起こすのが「虫垂炎」です。
なので「盲腸炎」ならまあ当たらずとも遠からずですがね
 
さて虫垂炎ですが、さもちょっとした骨折程度の、取るに足らない疾病だと軽く見ている人が多いんじゃないでしょうか?
実際はそれほど簡単な疾病ではありません。
正しい治療をせず放置していると、炎症がどんどん波及して、お腹全体の腹膜炎となり、場合によっては死亡します
従って早期診断・早期治療が大事なわけですが、経験の浅い医師にとっては診断容易ではありません。
虫垂炎だと早とちりされて開腹手術したけど実は違ったとか、飲み薬だけ出て帰宅させられたけど悪化して腹膜炎になったとか、結構あるんじゃないでしょうか?
抗生物質の点滴治療だけで治癒したら一番ラッキーです。
「薬で散らした」という表現をしますが、これはなかなか言い得て妙だなと思います
開腹手術を受けてしまうと、虫垂炎であれ何であれ、よく腸管癒着という後遺症が残ります。これになるとその後、癒着性イレウス(腸閉塞)を繰り返したり、何か別の病気で再度お腹を開ける際に癒着を剥離するのに恐ろしく時間がかかります。
癒着は勝手に治るものではありませんので、できる事ならあまり開腹手術は受けたくありませんね。
でもだからと言って内科的治療で引っ張り過ぎて腹膜炎になってしまっては本末転倒です。当然炎症が広がるとお腹の中の臓器全部が癒着してしまったりしてもっと厄介な後遺症が残ります
なので、帰宅させるか入院させるか、手術に踏み切るか点滴で行くか、ケースバイケースで適切に判断する熟練度が要求されます
次回は「神経」について記載します。
スポンサーサイト
Posted by れいな on 30.2012   1 comments   0 trackback
Category :学術的日記

貧血

正しい医学用語シリーズ二つ目は、
 
「貧血」
これも非常によく使用される用語だと思います。
正しい意味は、具体的に血中ヘモグロビン値が異常低値である事を指します。
貧血-2
 
ヘモグロビンは赤血球の中に入っている、酸素と結合するタンパク質の事で、ヘムすなわち鉄+グロビン蛋白の合体した赤色の物質です。
貧血とは要するに、赤血球もしくはその中身の鉄分が欠乏している状態であり、そのために充分に全身に酸素を供給できず、すぐに疲れる、息切れする、顔面蒼白、立ちくらみする・・・
その様な症状を呈する事です。
圧倒的に女性に多い病態です。理由は月経が有るからです。出血すると当然赤血球や鉄分を喪失しますので、骨髄での製造が出血に追いつかない場合、貧血という状態になります。
文字通り、貧乏な状態の血液と言う意味ですね。収入より支出の方が多いって事です
 
間違った使い方の典型例は、
「貧血を起こす」の様な使い方。
貧血は突然なったり治ったりする様な物ではありません。
おそらくそれは、貧血ではなく、低血圧症状の事です。
例えば、衝撃的な事実を聞かされた時などに、頭クラクラ~っとなって目の前真っ暗になって倒れ込む。みたいな状態。
それは精神的ショックにより自律神経バランスに変調を来たし、血圧が急激に低下して、脳へ送る血流が一時的に重力に負けて不足し、意識が遠くなってしまう状態です
採血された後とか満員電車内や朝礼の最中などで起こす症状も、精神的な気分不良により低血圧になっている状態であり、貧血ではありません。
もちろん、本当の貧血と二重にオーバーラップしている例もあるとは思いますけどね
普段から血圧の低い人(最高血圧が100に満たないレベル)は、急に立ち上がったりすると一瞬クラッとなります。普段そこそこ血圧がある人でもそうなる事があります。
起立性低血圧というもので、これも同様に重力に負けて、一瞬脳に送る血流が遅れるために起こる症状です。
なので、低血圧症状と本来の貧血とを混同しない様に覚えておいて下さい
 
貧血は慢性的な症状であり、そう簡単には治りません。
原因である出血(例えば月経過多、出血性胃潰瘍、痔疾など)が明らかな場合はそれを改善するのが第一ですが、それ以外だと対症療法になります。
ヘモグロビンの原料である鉄分を内服なり注射などで補給するのが一般的です。臨時ボーナスで潤うみたいな感じかな
でも数値が正常域に入ったからと言ってすぐに補給をやめたらまたジリ貧になっていきますので、正常域に入ってからも六ヶ月ぐらいは補給を続ける方が良いです。そうする事によって全身の様々な細胞の中に余剰分の鉄分を貯蔵する事ができ、より長期に渡り正常域をキープできる事になります。まさに銀行に貯金しておく様なものですね
 
ヘモグロビン値は、正常域は12~16ぐらいです。当然女性はやや低めで、男性は高めです。
貧血になって10を下回ると立ちくらみ症状などが出やすくなりますので、二桁はキープしておきたいところです。
ただ、長年ずっと貧血を持っている人は、全身の臓器がもうその状態に順応していて、ヘモグロビン値8とかでも平気で元気溌剌な例もあります。その様な人が12ぐらいまで引き上げたらたぶんすごい持久力を発揮するでしょう。それを利用したドーピング(赤血球を増やしてマラソンとかに出場する)もよく載っていますね。
 
ヘモグロビンは逆に高けりゃ良いってものでもありません。17や18更には20ぐらい有ったらそれも異常です。
それは「多血症」という状態で、病的です
熱中症・脱水などで一時的にそうなることも有りますが、常時そうなら要治療です。
多すぎるとそれだけ血液の固形成分が過多と言う意味であり、ドロドロで詰まりやすい血液となり、脳梗塞や心筋梗塞、脳血管性痴呆などを来たします
 
ドロドロ血-1
タバコの吸い過ぎなどで肺の呼吸機能が低下するとそういう事になります。
肺での酸素取り込みが低下すると、その運び屋である赤血球を増やして帳尻を合わせようとしてしまいます。
更にタバコの煙の中には不完全燃焼による一酸化炭素がいっぱいです。ヘモグロビンと一酸化炭素との結合力はなんと、酸素のそれの200倍なのです。一度結合したら簡単には外れません。だからもはや何の役にも立たない赤血球ばかりが無駄に血液中を流れる事になります。
タバコを一日に20本吸うと言う事は、火事の家かガス漏れの家に一日20回入り込んで深呼吸している様な行為に相当します。
検査上は「多血症」なのに実質「貧血」というダブルパンチの最悪なシナリオに突入していきます
 
ここで挙げた貧血は、一番メジャーな「鉄欠乏性貧血」ですが、それ以外にもいろんな特殊な貧血もあります。
鉄分は充分に余っているけど、骨髄での赤血球製造が低下しているタイプとかもあります。その場合、鉄分補給は無駄なだけでなくむしろ有害であったりしますので、自己判断で決めつけずに専門家に正確で詳しい診断をしてもらう方が無難です。
次回は、「盲腸」について記載します。
Posted by れいな on 28.2012   5 comments   0 trackback
Category :学術的日記

動悸

医学用語は一般的にもよく使われていますが、間違った意味合いで使用されている例って結構あります。
今回はその様な例をいくつか挙げて、正しい医学用語の意味を解説してみようと思います。
まず一つ目は、
 
「動悸」
これは結構よく使われる語句だと思います。
動悸・息切れ、などの様にセットにされる事も多いですが、おそらく、身体を動かした後に「ドキドキ、ハーハー」なる事を指している人が多いと思います。
すなわち「動悸がする」=「脈が速い」あるいは「ドキドキしている自分の鼓動がわかる」の様に誤用されている事が多いんじゃないでしょうか?
本来、動悸とは、不整脈が出た事による症状の事で、ドクン!と一瞬息が詰まった様な不快感と共に、脈が飛ぶ感じを自覚する事です。
本来、心拍は、正常ならば同じリズムで打ち続けるものです。
しかし不整脈という異常が有る場合、イレギュラーな脈が出てしまいます。
 
動悸-1
その場合大抵、「早期収縮」という形で、本来よりも早くに先走った空打ちの脈が出ます。
心臓内にまだ充分に血液が充満していないうちに収縮してしまうので空打ちになるのです。(この心電図の3つめの変な形のトゲ)
すると、次に来た正常の収縮の時に、先に失敗した分も含めて約二倍の量の血液を一度に駆出する羽目になります。(4つめのトゲ)
なのでその時、ドクン!と強い異常な拍動を自覚するに至るわけです。
それが、「動悸」です。
なので基本的には単発の症状です。
もちろんこの様な不整脈がたくさん連発すれば、連続的な「動悸」を感じる事になりますけどね。
 
ただ単にドキドキして脈が速くなるのは動悸ではなく、それは「頻脈」です。
また、自分の鼓動を強く感じる状態というのは、「心悸亢進」と言います。
一度にたくさん例を挙げても読む方も大変だと思いますので、細切れにして挙げていきますね。
次回は、「貧血」について書きます。
Posted by れいな on 26.2012   3 comments   0 trackback
Category :学術的日記

はんだ付け初挑戦

PCなどマシンを自作する上で、必要になるかもしれないはんだ付け作業
また、にょきさんちくてんさんの影響もあり、以前から勉強してみたいと思っていたこの技術に、このたび初挑戦してみました
で、具体的に何をやるのかと言うと、以前から考えていた「マリオカートWii専用コントローラー」の自作です。
ご存知、マリカWiiの操作法には、Wiiハンドル(リモコン横持ち)、ヌンチャク、クラシックコントローラー、ゲームキューブコントローラー、の主に4つの手段が有りますね。
ですがコントローラーを使う場合、ウィリーやジャンプアクション、POW回避などの割り当てが十字ボタンという大変使いづらい仕様になっています
クラシックコントローラーの改良版であるクラコンPRO、これは非常に持ちやすくてLRなどのボタンの押し具合も抜群なのですがそれだけに、その仕様(ボタンの割り当てを好きな様にカスタマイズできない)が非常に残念です
ヌンチャクの様に左スティックから親指を離さずにそれらのアクションをするには、中指でアイテム(Lボタン)を押して、人差し指で十字ボタンを押すという不安定な持ち方をするしかありません。
それかGCコントローラー同様に十字ボタンとスティックをアクロバティックに親指で行き来するか。
いずれにしても私の様な非力な人の手には無理がある操作法で、スティック操作が安定しません(´・ω・` )
このせいで2008年から何度もコントローラーに挑戦しては挫折する。という事を繰り返してきました。
 
クラコン改造 (1)
クラコンPROはよく見ると、ちょうどこの赤矢印のZLボタンだけ何も割り当てが有りません。もしもこのボタンがジャンプアクションとウィリーに割り当てられたら、十字ボタンに比べてどれほど便利だろうか?
そう考えました。
でもそんなカスタマイズ可能なコントローラーなんてどこにも売っていません。
じゃあ、自分で作るしかない。
でも、電子工作の経験なんて私には皆無です。
なので、以前からフレンドがコントローラー自分で修理とかの記事を書いてらっしゃるのを読んでも、憧れ尊敬こそすれ、「私には無理。」ってハナから諦めていました。
しかし本当にそうだろうか? やってみたら意外と私でもできるんじゃないだろうか?
尊敬する物作りの巨匠、松下幸之助氏の名セリフ「四の五の言わんと、とりあえずまあいっぺんやってみなはれ。」が聞こえてきました。
「よっしゃ、ほなやってみまひょか。」と呼応して自作する事を決意
さて、一から道具を買い揃えなきゃならないわけですが、何が要るのかもさっぱり解らない。
工学部の知り合いに相談? いやいや、こんなマニアックな相談とてもできません。親もこの方面に詳しくありません。
なので、自分で調べて道具を買い揃えました。
今回、手術を施すのは、いきなり、この前手に入れた限定品のゴールデンクラコンPROです。
失敗は許されません。練習なしのぶっつけ本番です。
 
クラコン改造 (12)
まずは、ネジを外して分解するわけですが、このネジが曲者で特殊なY字ドライバーを用意しないと開ける事すらできません。
それも買い揃えました。他の任天堂製品にもほとんどこの特殊ネジが使われているので、一本は持っておいた方がいいと思います
 
クラコン改造 (2)
後ろ蓋を開けた状態です。
中のネジは普通のプラスドライバーで外せます。
それを外すといよいよこの裏側の基板と初顔合わせです。
 
クラコン改造 (3)
で、具体的な術式ですが、要するにZLボタンの信号十字ボタン(上)を押す電極にバイパスしてしまえば良いわけです。
グラフトには普通の工作用の二色セットの細いリード線をホームセンターで見つけて用意しました。
 
クラコン改造 (4)
この上ボタン(UP)の端子にハンダを乗せるのですが、そのままでは付きません。
生の金属部分(たぶん銅だと思います)を露出させる必要があり、この様に削り出しました。
赤矢印はZLボタン側の端子ですが、こちらの小さい基板もプラスチックカバーから露出します。そしてこの三つのうちどれとどれが正解か探すのにちょっと苦労しましたが、それは後述します
はんだ付けは、接着剤ではありません。金属と金属との合金を瞬時に作成する作業です。なのでその表面に不純物や手の脂などが付着していたら付きません。
 
クラコン改造 (9)
そんな難しい部分にいきなりぶっつけ本番でリード線の一端をはんだ付けするなんて無理ですから、
まずはリード線を何本か切って端を剥いて用意して、それぞれにはんだを乗せる練習をしてみました
次に、はんだを乗せたリード線同士をコテで接合してみました。成功すれば強く引っ張っても決してはがれません。
 
クラコン改造 (5)
さて、ここへのはんだ乗せですが、結構苦労しました。コテにはんだを当てて雫状にしてポタッと落とすイメージだったんですが、そうはいきません。それは間違ったやり方で、付ける部分にまずコテを当てて加熱し、そこへはんだを乗せる。というのが正解でした。
乗り過ぎて隣とくっついちゃったらアウトなので、かなり難しかったですが、なんとか良い感じに二ヶ所とも付いてくれました
 
クラコン改造 (6)
そこへ、リード線の一端(はんだ乗せ済み)を接合します。
そして次はZLの電極側ですが、ここには既にはんだが付いていますので、はんだを乗せたリード線をコテで接合するだけでOKです。
とは言え、上ボタンの時以上に隣同士が接近していますのでかなりナーバスです
どうにか二本とも接合して、上ボタン側の電極とバイパスする事ができました。
とりあえず作業は終了したので試しにゲームを起動してみました。
失敗です。何も触っていないのに上ボタン連打の状態になってしまいました
さて、どこが間違っているのでしょう(´・ω・` )
ZLボタン側のはんだ同士がやっぱりくっついちゃってるのかも? そう思い、一旦外す事にしました。
 
クラコン改造 (8)
ここで初登場のはんだ吸い取り線(写真右の紐みたいなやつ。左はヤニ入り糸はんだ(すず60%なまり40%)です)。これをはんだ付けしてある部分に押し当てて、その上からはんだゴテを当てると見事に銀色のはんだがこの紐に吸い取られていきます。
思わず「おお~( °∀°) すごい~。」と感動しました
その後もう一度この部分をはんだ付けし直しました。
で、どことどこをバイパスすれば良いのか、実際にゲーム画面を見ながら手で端子をくっつけながらZLボタンも押しながら、正解を探し当てました
 
クラコン改造 (7)
要するに、はんだ付けが悪かったんじゃなくて、配線ミスでした。
上の写真と下の写真とをよく見比べると付いているリード線の色が代わっているのがわかりますよね(^_^;)
そして今度こそ正解端子同士をリード線でバイパスしました。
とうとう、ZLボタンを押してカーソルが上に移動する様になりました!
その瞬間、もうニヤニヤが止まりません
天才外科医天才発明家の異名は伊達に冠してはいませんよ。などと独りごちておりました
 
クラコン改造 (10)
これで蓋ができなければアホ丸出しですが、それは最初からちゃんとこの様にリード線をくぐらせる事を計画済みでしたので、問題無く手術終了する事ができました 
もしもリード線の長さとはんだ付けの角度を間違うと蓋ができす全部最初からやり直しですからね。
 
クラコン改造 (11)
ただし、十字ボタン用のこのゴムパッドはもう役に立ちませんので取り外しました。なので十字ボタン自体が沈み込んでいます。
これにより、ジャンプアクションのバリエーションが縦の一種類だけになってしまいます。ですがそれで充分です。そしてウィリー解除ができません。でもマニュアルバイクならドリフトで解除できますので大丈夫です。
これでマリカWii専用になりましたが別に構いません。もしも他のゲームでこれを使う場合でも、大抵はスティックの方でも十字ボタンの代用が効く事が多いのでまあ良いでしょう。本来のZLボタンを使用するゲームだけは不可になりましたけどね。
これで外見も中身も、唯一無二のスペシャルコントローラーになりました。
もしもはんだゴテで加熱し過ぎたら基板を破壊しますし、はんだ付けが不良だと外れて接触不良になります。
絶対失敗が許されない手術を、破壊もせず、火傷など怪我もせず、初トライにて見事成功できて本当に感激しました
 
そもそも、何のために、一番使い易いヌンチャクを辞めてそんなコントローラーなんかに転向するのさ?
とお思いでしょう。私も本当はヌンチャクが一番良いんですが、振る操作ではやっぱり結構失敗が多いんですよね~(´・ω・` )
だから無意識のうちに必死になってブンブンしている事が多く、長時間の使用に右腕や手首が耐えられないのです。ましてやタイムアタックなんてバイクでやり込んだら次の日、右腕が大変な事になっちゃいます(TДT)
おそらく筋力の無い女性プレイヤーのヌンチャカー同志ならどういう症状かよく解ると思います
それと今まで何度も挫折してきたコントローラーを今度こそ扱える様になりたい。という思いも有りましたので。
ただ単に今までのが飽きたから新しい事に挑戦したいだけ。という気もしますが
 
で、実際やってみてどうかと言うと、頭パニクりながら走っています
ヌンチャクだと左中指がアイテム、左人差し指が後方確認だったので、また右手も役割が変わるので、VSでは咄嗟時に正しい操作ができず無茶苦茶な動きをしてしまいます(´>д<`)
あとヌンチャクではスティックを6時方向から12時方向にまっすぐ親指を当てていましたが、コントローラーになると斜めに8時方向から2時方向に指を置く事になるので、力加減が難しく、逆ハンも出してしまいます。
それでも、十字ボタンを使うよりは遥かに安定してコントローラーを持つ事ができる様になったので、嬉しいです
しばらくオートカートで走っていましたが、いよいよマニュアルバイクに挑戦中です。
VRは8000前後を維持するのが精一杯なレベルです
肝心な場面での操作ミスで沈む、前向いて走るのに必死で全く後方確認できない、後ろからスナイプされまくり~のキラーに撥ねられまくり~の、でまるでWi-Fi対戦に出て間も無い頃の様な懐かしい気持ちで走っております。
でも根気良く頑張っていたらヌンチャクの時と同じぐらいに自在に操れる様になるかな?
当分、弱っちい状態が続きますが、フレンドの皆さん、よろしくお願いしますm(_ _)m
Posted by れいな on 23.2012   2 comments   0 trackback
Category :マリオカート(野良・雑記)

電源ユニット移植手術

2009年の秋からフル活動していたうちのWindows7マシンが、最近急に調子が悪くなってきました
具体的には、電源を投入しても、LEDが点灯してファンが回る音がするだけで、待てど暮らせどディスプレイに何も映りません
一旦強制電源OFFして、10秒ほど待ち再度スイッチオン。また同じ症状。
10回ぐらい繰り返したらやっといつも通りWindowsの起動が始まり、普通に使えるようになりました。
 
しかし当然、この時だけたまたまおかしかったなどという甘い話ではありませんでした。
次の日も同様の症状が続きました
このまま放置していたら完全に起動しなくなって中のデータも一切取り出せなくなるかもしれない。
危篤を察知した私は早速、どこに原因が有るのか診断すべく考えました。
ですが何となく病巣は予測つきました。実は前にもXPマシンの時にも似た様な症状を呈し、電源ユニットを交換すれば治ったという症例を経験済みでしたので。その時は、いきなり作業中に画面が真っ暗になってやっぱり強制電源OFFするしかないという症状でした。
 
電源ユニット (1)
なので早速、善は急げで開胸心マッサージよろしく、ケースを開けてみました
そして電源ユニットを取り外してみました。
 
電源ユニット (2)
これなのですが、なんと!たったの200Wしか出ない貧弱電源でした
しかもそれは新品の状態でMAXで出せる電力です。
実際には、コンセントから入ってきた電気(交流)を100%のまま直流に変換してPCに供給する事は不可能で、途中で熱エネルギーや騒音といった副産物としてかなりの電気エネルギーが逃げてしまいます。
更に約三年もフル稼動していたらユニット内のコンデンサなども相当劣化し、ぶっちゃけ100WもMAXで供給できていないんじゃないかと思います。
 
これじゃあとても無理です。と言うか、よくこれで動いていたなと驚くレベルです。乳児の心臓を持った大人が激しいスポーツをしている様なものです
出力100どころかもっと低いかもしれません。更にMade in Chinaのどう見ても質の良い製品ではないですしね
 
で、前回XPマシンがおかしくなった時に購入した良質の国内製コンデンサ使用の400W電源ユニットを試しにこれに繋いでみました。
バッチリ起動しました
いろんな拡張機器やアプリケーションを同時にたくさん走らせてみましたが問題無く動きました
特にゲームのリアルタイムキャプチャーがスムーズになったのに驚きました。
最近、キャプチャースタートしようとしても、デバイスが見つからないとのエラーが出てUSBを刺し直ししなきゃいけない事が多かったり、録画できていると思ったら途中で途切れていたり、というトラブルが多発していました。
後から思えば、それらは電力供給低下による症状の一つだったんですね。
 
電源ユニット (3)
ただ、こんな大きな電源ユニットは到底ケース内部には収納不可能ですのでこの様に外部に出して使用するしかありません
難点は、PCを移動させる時に本体と同時にこの電源ユニットも引っ張らない様に注意して持たなければならない事かな。
音は、むき出しでも静かで優秀です。
ついでにエアダスターで細かいほこりを吹き飛ばして掃除して、CPUとCPUクーラーの間のグリスを塗り直して(クリックにて詳細)、ケースを閉じて手術終了としました
 
電源ユニット (4)
冷却用のエア吸入の穴の所から外の埃を吸い込む事は明らかですので、ここに換気扇用のフィルターを貼り付けました。
これで内部に埃が侵入する量は激減すると予想いたします
 
取り外した劣化電源ユニットは、代わりにXPマシンに使い回ししています。こちらは何も周辺機器を繋がずに時々ネットするだけのサブマシンですので、それで充分かなと。ところがニンテンドーWi-FiコネクタをUSBに一個繋げただけでしばらくしたらフリーズしました たったそれすらもまかなえない程に劣化していたとは・・・
 
最近のPCでは、メモリの初期不良とかHDD寿命とかでクラッシュするトラブル(クリックにて詳細)は激減しており、電源ユニット関係のトラブルが大半だとも聞きます。
確かにその通りだと身をもって理解しました。
にもかかわらず、建て売り販売のPCは、たとえオーダーメイドの商品であっても、電源ユニットの指定はできません。
メモリやグラボ、キャプボ、その他拡張機器増設しまくりのオプションは有るのに、肝心の電源ユニットが安物の200W一択ではお話になりません┐(´ー`)┌
 
電源ユニットは文字通りPCの心臓です。ある意味、最も大事な器官であり、最もお金をかけて良い製品を組み込むべきパーツなのです。
なのに選択の余地が無い。まあ、早期に新しい本体に買い替えさせるためにメーカーがわざとそうしているのかもしれませんが。
それもあって、次回こそ、全てのパーツを自分で選ぶべく、自作PCに初挑戦しようという決意を固めるに至るのでした。
Posted by れいな on 20.2012   0 comments
Category :PC・WEB

デュアルモニタ

皆さんはPCのディスプレイって、どれくらいのサイズの物を使用してらっしゃいますか?
 
デュアル-2
私は現在、23インチワイドの、解像度で言うと1920×1080すなわちフルHDの大きさの物を使っています。
Windows7マシンを買う時に思い切ってそれにしたのでした。
このサイトの様に縦にスクロールする事が多いため、どうしても縦1000ピクセル以上欲しかったのです。
前のXPマシンのモニタが17インチで既に縦が1024有ったのでそれより小さくならないためには、23ワイドしかもう選択肢が無かったという感じでした。
でも、いざ使いだすとホントに大きいのにして良かったなとつくづく思いました。
作業スペースが広いだけでなく、複数のウインドウを開いて比較する時なども便利です。
 
ただ、それでももっと広かったら更に良いのになと思う事も多々あります。
例えば、マリオカートをフレンドと共にプレイしている時。
Skypeしながら、普通のチャットもしながら、キャプチャー操作もして、インターバル時に録画ファイルに名前を付けて、掲示板やSNSも見ながら、Eメールも書きながら、YouTubeの動画も再生する。
その様な忙しい使い方をしていると、ウインドウがいっぱい開きます
Skypeは書き込みなどが有ると音が鳴るのでわかるのですが、普通のチャットはじっと見ていないと勝手に流れていっちゃいます。
なのでいちいちタブを切り替えたり下に隠れたウインドウを出したりして前後を入れ替えなくてはなりません。
何か一つのウインドウだけ常時表示にできたら、非常に便利です。
 
デュアルモニタ (3)
そこでデュアルモニタ(マルチディスプレイ)という手段が出てくるわけです。
 
デュアルモニタ (4)
単に横に二倍の広さにできるというだけでなく、この様にメインとサブという様な使い方も可能です。
一つのチャットだけサブの方にフル表示しておく事が可能です。
 
PCの後ろの映像出力端子が二個有ればそれが可能になります。
私の場合は、DVIとHDMIと2つ付いていました。
で、早速やってみようと思いましたが、HDMIのケーブルなんて家の中に有りませんでした
お店に見に行ったらかなり値段が高かったので買わずに、Amazonでオーダーしました。はるかに安い値段だったので、この二色の二本セットのやつと、DVIに変換もできるタイプのコードも一緒に3点買っておきました。
 
デュアルモニタ (1)
デザインも秀逸でコードも柔らかくて非常に有益な買物でした
 
で、とりあえず実験的に、前のXPマシンの17インチのモニタを使ってデュアルしてみました。
23インチの方にはHDMIの入力が有るのでそれに繋ぎ直し、
17インチの方にDVIを繋ぎました。
するとすぐに、サブの17の方にもメインのと同じデスクトップ背景が表示されました。
半信半疑でマウスのポインターを右に持っていったらちゃんと17の方に行きました(゚∀゚ )
 
デュアルモニタ (2)
Skypeをそっちに引きずっていって最大化ボタン押したら、ちゃんと17の方だけで最大化されました。二画面に渡って最大化されたら面倒だなと思っていたのですがその様な心配は不要でした。
 
とりあえずできることは確認できましたので、良かったです。
でもどうせやるならやっぱり同じ大きさのモニタをぴちっとくっつけて横に並べてやる方がいいなと思いました。
ズレているとマウスを移動させる時、なんか感覚的に気持ち悪いです(´・ω・` )
上下にモニタを並べるのも首がしんどいし、同じくマウスを右に持っていってポインタが上に現れるというのも気持ち悪いのでオススメしません。
問題は、2つ並べて置くスペースが有るかという事と、当然PC本体への負担が増えるのでそれに耐えうる充分なスペックが有るかという事
今度新しくPCを新調する時は、初の自作に挑戦しようと思っているので、モニタもデュアルにしようと考えています
Posted by れいな on 16.2012   4 comments   0 trackback
Category :PC・WEB

サイト移転のお知らせ

いつも訪問ありがとうございます

このたび、ブログの投稿先を下記のサイトに移転する運びとなりました

【れいな☆リボン♪】

理由は、3点挙げられます。

①まず一つ目は、下の記事の通りで、不具合が頻発するためです

一応、26日にようやく、正しい画像がアップロードされるように改善はされましたが、対応のスピードが遅すぎて信頼感が崩壊しました

②それと、ブログ専門最大手のサイトに引っ越ししたもう一つの理由は、記事を書いている最中の自動保存を裏で勝手にやってくれる安心感が有るからです。

eoblogには残念ながらそれが無く、たまに、2~3時間かけて一生懸命書き上げた記事が、「保存」を押した瞬間にログインし直して下さいエラーみたいな物が出てもう元の画面に戻る事もできず、全て最初からやり直し。という立ち直れないほどのショックを味わったことが何度もあります

なのでボリュームの有る記事を書いた時はいつもドキドキしながら「確認」「保存」を押していて、こんな心臓に悪いのイヤだな~(´・ω・`) と不満を感じていた事も理由の一つです。

③かなり厄介なのが、迷惑コメントの管理です。 

ほとんどがロクでもないサイトへの誘導を目的としたスパムなのですが、IPブロックしてもドメインブロックしても後を絶ちません

結局最終的には、”「http://」が書き込まれているコメントは全てスパム指定”というルールを設けて防ぐしか手段が無くなりました。

しかしそうなると、普通にサイトを紹介すべくコメント下さっている方もスパム扱いになりますし、「URL」の所に自分のブログのアドレスを入力して下さっている方もスパム扱いとなってしまいます

しかもスパム扱いになったコメントが投稿されてもこちらに知らされること無くゴミ箱に入れられています。
なのでしょっちゅうそこに誰かフレンドさんのコメントが捨てられていないかチェックしなくてはなりません

おかげでお返事が後回しになったり、投稿時に「スパムとして受け付けました」とか出て不快な思いをさせてしまうことになります

そして当ブログのコメントは一度投稿したら取り消しも修正もできません

この辺りが、他のブログ専門サイトと比較して決定的な差異というか短所です

もしもeoblogのスタッフの方がここをご覧になっていたなら、その点も改善して頂けたらより利用者が増えるだろうと思ったので、ついでに書かせていただきました

 

リンクフィード購読して下さっているフレンド関係の方は、お手数おかけして恐縮ですが、登録変更しておいて下されば幸いですm(_ _)m

このeoblogには2009年の1月から3年以上に渡りお世話になっているので断腸の思いでしたが、

開設当初の一大目標であった10万アクセスという途方もない目標も達成できましたので、まあ悔いはなく、そろそろ潮時でもいいかなと前向きに考えて飛び立つ事にしました

このサイト自体は削除はせず、残しておきます。

更新していなくても、毎日100人以上の訪問者が来てくださっている様ですし、Google検索で1ページ目にリストアップされている記事も複数有りますのでそれなりに需要が有るのだと思います

時々何かここにも投稿するかもしれませんが、基本的には新設サイトの方に新記事をあげていきますので、今後ともよろしくお願いします
 

Posted by れいな on 15.2012   0 comments
Category :PC・WEB

画像が粗い

7月12日(木)から、このeoblogに投稿した画像が元の解像度よりもかなり質が落ちた物に勝手に変換されてアップロードされてしまう。

という現象が続いております。

当ブログは文章だけでなく鮮明な写真を貼ることをも重要な目的なだけに、

このままでは文章のみの下書きの状態のまま、一向に公開できないです。

サポートセンターに問い合わせたところ、「どのような手順で画像アップロードしてその様になるのか詳細を。」とのことですので、それ自体を一つの記事にします。

この下に貼っている画像は全て質が落ちてしまっている画像です。

gazou1.jpg  

記事作成画面で、図の「画像を挿入」のボタンを押して、

gazou2.jpg

①画像を選択し、そのまま②の標準設定のまま「画像を挿入」すると、今までなら元の画像が画質を落とさずにアップロードされて貼り付けられていました。

3_2.jpg

しかし、現在、同様にやってもこれら3つの上の画像のように非常に質の悪い画像にすり替えられてしまいます。
実際いつも「画像を挿入」を押したあとに若干時間がかかるのに、やけにスッと貼られたな、と思ったらこの様な状況でした。

http://leina.blog.eonet.jp/photos/uncategorized/2012/03/21/3.jpg

3.jpg
ちなみにコレが本来の画質です。前回貼った時はこの様に元のファイルと同じ質の物が貼られています。別ウインドウを開いて並べて見比べれば一目瞭然だと思いますが、実際に画像上で右クリックして詳細を見ればファイルサイズが全然違うので更によく解ります。

本来、約80Kbの画像が、なんと約19Kbまで低画質化されています。

もう一つ例を。

access100000_2.jpg

クリックにて拡大。約66Kbに圧縮されてしまっています。

http://leina.blog.eonet.jp/blogfolder/2012/02/post-15ee.html

acess100000.jpg
こちらが元の画像。本当は203Kbなのです。

カスタム設定を使用してもサムネイル、リンク先画像共にやはり低画質の物にすり替えられます。

使用ブラウザは「Firefox 13.0.1」の最新バージョンでも、「Internet Explorer 9.0.8」でもどちらを使用しても同じ結果です。OSはWindows7、回線はeonetです。

同様の状態に他のeoblogユーザーもなっているんじゃないかと思い、7/13に更新されているブログをいくつか見て回りましたが、やはり同様です。

7/11までの記事の画像は高画質なのに7/12や7/13の貼られている画像は全て非常に粗く、サイズダウンされていました。

この状態では到底満足な記事をあげる事ができません。

eoblogはよく不具合が発生するので、またしばらく経てばいつの間にか回復しているかな?と期待しているのですが、2日経過しても変化が見られません(´・ω・`)

もしもいつまでもこの状態だと他のブログに引越をも考慮しなければなりません。

あるいはもしも回線やサーバーの負担を軽減するためにこの様な措置を故意に講じているのならば、断じて受け入れられません。

ただ、eoblogには他社の様に丸ごと内容をエクスポートする機能などが存在しません。またeoblogならではの

typhoon virgo coldsweats02 danger happy01 heart04 game rain rvcardash impact lovely night snow camera shock shine present flair cherry
こういう絵文字もお気に入りだし、他のブログでは不可能な大きなサイズのファイルもアップロードできるのでできれば辞めたくありません。

なので何とか早急に元通りにして頂きたいと熱望しております。

Posted by れいな on 14.2012   0 comments
Category :PC・WEB

エアコンの掃除

この前、「電気代」という記事で、少し書きましたが、

エアコンの独特のカビのくさいにおい

これどうにかならないものか?と思い、やっぱり自力で掃除してみることにしました

エアコン掃除 (1)

ホームセンターとかに、「フィン」をクリーニングするスプレーはよく売っているのですが、実際はその部分を綺麗にしても臭いは取れません

なぜなら、カビは主に風を送り出す「ファン」周辺にビッシリと付いているからです

そこでこの様な「フィン」のみならず「ファン」をも清掃できるグッズを買ってみました。

エアコン掃除 (2)

液を受けるビニールもセットで付いています。それをしていないと、床がべちょべちょになってしまいますので

上のパカッと開いて空気を吸い込んで冷却するところが「フィン」です。

下の冷気が出てくるところの奥に「ファン」があります。

エアコン掃除 (4)

コレですね。臭いの諸悪の根源は

コレを取り外せて丸洗いさえできたら、毎年快適にエアコンを使えるのですがねぇ(´・ω・`)

その様な商品は無いのでしょうか?

なぜ冷房の時だけ異常にくさいのかというと、冷房時はこの付近が当然冷たくなりますよね。
そして電源オフにしたらファンが止まってここに結露するのです。
で、蓋が閉まっちゃいますので湿度バリバリでそこにカビが繁殖すると。
暖房ならそうはなりません。
だから、冷房オフ時にはすぐに閉じないように送風を最低30分してファン部分の温度を室温と同じにして結露させないようにしてからオフにしなければなりません。

ですがこのエアコンには「送風」というモードがありません\(^o^)/オワタ

エアコン掃除 (3)

で、スプレーして20~30分待っているとこの様な汚れた液体が垂れてきます

本来なら透明のはずの液体がこのドス黒さです

タバコも何も吸わないのにです。 これは一度見たらショックですよ~。

こんな物(カビ・胞子)を毎日部屋中に撒き散らして吸い込んでいるのかと思うと、(((( ;゚Д゚)))ガクブルです。

実際、肺真菌症と言って、肺の中にカビの塊(ファンガスボール)ができて大変な事になる病気だって有るのです。

そこまで行かなくても、「夏型過敏性肺臓炎」という言わばカビの胞子に対するアレルギーによって、クーラーの入る時期になったらなぜか、風邪の熱やしんどさも無いのに、咳や痰がしつこく出る。という、花粉症・黄砂に続くアレルギーマーチを毎年繰り返してらっしゃる方も大勢居るんじゃないでしょうか?

特に学校とか職場などの掃除できないエアコンの場合なんて顕著じゃないかと推察いたします

エアコン掃除 (5)

風向を変えるこの「羽根」は取り外せましたので、丸洗いしました。

コレも結構ねちゃっとしていて汚れていました。

で、効果のほどは・・・ 有りです。有効です、この掃除。 
エアコンスタート時の嫌な臭いがかなり軽減されました

やはり「ファン」を掃除しないとお話にならないと言う事がよく解りました。

「かなり」と言いましたね。そう。すなわち完全には消えませんでした。

やる前の臭さが10としたら、2ぐらいにはなったという感じです。

0にするにはやっぱりダスキンなどの業者を呼んで大枚はたいてパーフェクトに清掃除菌してもらうしかないでしょう

労力はいとわないからお金をかけず自力で解決したいと言う方は、この清掃法をどうぞお試しあれ~。

私はもう一度、クーラーシーズンの終わる秋ぐらいにこれをやってみようと思っています。

Posted by れいな on 11.2012   0 comments
Category :雑談

2012年以降揚げもん倉庫(マリカWii)

2012年以降マリカ動画
 

Posted by れいな on 10.2012   2 comments
Category :動画倉庫

12反もめん

7月7日(土)22時から、ルーム戦「12反もめん」を開催しました

120707_1.jpg

【コンセプト】は、
大砲ジャンプのあるコースで、全員同時に大砲に入り、一斉にびらびらしながら一反もめんの様に飛ぶ絵を見ることです。

【プログラム】

1GP:コース指定。①スノボクロス、②メイプル、③ジャングル、④マウンテン。


大砲に入るタイムは、いずれのコースも、1周目は「0:30」、2周目は「2:00」、3周目は「3:30」、とします。
時間が余る場合は大砲の手前辺りで前後運動をしたりして、遊んでおきます。
発射10秒前になったらターボを溜めて飛び出す体制に入って、ちょうどキリのタイムに大砲に入る様に飛び出します。(キリタイムの約0.5~1秒前にブレーキドリフトボタンを放す感じ)
3周目の大砲後からは普通に競走です。
いずれもアイテム使用は自由ですが、大砲前では混雑しますので物を保持せずにスタンバって下さい。と一応言っていましたが、徐々に皆さん隠し球を持って待機するようになり、色々とワラケる絵になりました

2GP:コース指定。①レインボー、②スノボ、③メイプル、④マウンテン。


レインボーだけは大砲の場所が後半にあるので上記タイムでは間に合わないので、1周目「1:00」、2周目「2:30」、3周目「4:00」に大砲に突入しました。3周目のそれの後なんてほとんど距離が無いので、ものすごい運ゲーコースとなりました。

1GP、2GP共に、Mii+バイク(種類は何でもOK)で出走。なぜなら、バイクで大砲に入る時のみ、キャラが一反もめんみたいにびらびらするからです。

3GP:七夕なので、全員大型バイク「トゥインクルスター」指定のレースです。

120707_2.jpg

りゆねえが途中でまさかの回線落ちしちゃったのが唯一残念でした(TДT)

4GP:キャラ・マシン自由形のガチレース、コース選択も自由。

120707_3.jpg

私はデイジー+ドルフィンにしました。ハンドルを投げ捨てたカメちゃんが最後に逆転優勝しました。おめでとー\(^o^)/

5GP:おみくじレース。

120707_4.jpg

私は「サバイバルバギー」でした。 とっしーさんが「ファントム」で1・2レースと続けてトップ、最終的にも準優勝という快挙を遂げられました

回線が回復して、かつ土曜日の夜で、この日はルーム戦を開催されている方が多くて、思いのほかメンバーを集めるのに苦労しましたが、なんとか12人ピッタリ揃うことが叶い、企画倒れにならずに済みました。

参加してくださった、ジントニさん、びびさん、ちぃさん、めんまよさん、ミツさん、えいりあんさん、HeLさん、とっしーさん、りゆさん、カメさん、すみれさん、本当にありがとうございました

そして次の日忙しいのに快く茶室を提供してくださり最終戦まで残ってくださったびびさんには大変感謝いたしております
 


Posted by れいな on 08.2012   0 comments
Category :マリオカート(ルーム戦)

びびさん主催『変則ルート祭り』

6月30日(土)に、びびさん主催の「変則ルート祭り」が開催されました

もうびびさんがフレ募掲示板にデビューされて2年も経つんですね~。

で、私に至ってはマリカWii発売日から持っていますので、もう5年目に突入しているという前代未聞の長命神ゲーと言う事になります

120630_1.jpg

で、何が「変則」なのかは、考案者のPicardさんのブログに記載されていますので、ご覧下さい。

Picardさんによるお手本の動画。(始まったら解像度を720pにして下さい。)

本番。8コースあります。非常に楽しい絵がたくさん撮れました。(これも、始まったら解像度を720pにして下さいね)

とにかく、回線がスムーズだったのが何よりでした

1_2017021823020410a.jpg

ぺめさんも録画されていたのですが、やっぱりクッパ3と64クッパの細道の上でひしめき合うシーンが一番抱腹絶倒(≧∀≦)ギャハハ
トップに飾ったツンツンシーン、真後ろからモロに目撃されていました\(^o^)/

この後、風船バトルで息抜きをして、

120630_5_2.jpg

次に恒例のおみくじレースです。ただし、びびさんのおみくじはハングオンバイクが出にくくなっています。

それぞれのくじの結果は上記の通りです。クリックにて拡大可能

120630_2.jpg

最初の方は私とひるさんがミニチャという当たりくじを引きましたので、この様な結果になりました

120630_3.jpg

次は私はBダッシュ。ぺめさんはイルカでした。おめでとうございます

120630_4.jpg

で、これは7戦目。もうとっくに日付が変わっているというのに、延長戦になんと12人全員が居残り希望という、まさにびびさんの人徳のなせる業だなと思いました

これは全員ファストグライド縛り。見事びびさん優勝。おめでとうございます(o^v^o)

そしてまだ、セプター縛りとか続きました。しかも全員居残りでだ。

久しぶりにルーム戦の楽しさを存分に味わいました。こりゃ5年経っても辞められませんわ┐(´ー`)┌

びびさん、おさるんさん、参加されたフレンドの皆さん、対戦ありがとうございました

また機会があればよろしゅうに(^O^)/

 

Posted by れいな on 04.2012   0 comments
Category :マリオカート(ルーム戦)

遺書

前回も、「死」についてダラダラと書きましたが、

皆さんは「遺書」もしくはそれと同等の物を書いて保存してらっしゃいますか?

おそらく私のフレンドさん達の年齢層を考えると、そんな物を書こうと考えた事すらない。って人が大半だろうと思います。

vkxj1.jpg

普通だいたい遺書は、財を成した人が、遺族にその遺産をどう分配するかを、揉め事にならない様にするために書く物かなと思います

自殺する人が書く告訴状(笑)は論外として、それ以外にもいろいろと、もし私が死んだらこうして欲しい的な自分の希望とか、申し送り事項とかもあると思います

そんな物を書いていたら本当に死んでしまう様な気がする。縁起でもない!
と現実逃避しがちだと思いますが、突然の震災とか、事故死とかは、いつ来てもさほど不思議ではありません

葬式はどの様にしてくれとか、解約する物のリストとか、ある程度まとめて書く様にしておく方が、遺された家族にとってはありがたいですので、遺書は最後の家族サービス・愛情になるかなと思います

その様なリストが無いと、死後も無駄に引き落とされ続ける契約物があるかもしれないですし、遺族の知らない口座のお金がそのうち銀行にまるごと没収されるかもしれません

たまには定期的に立ち止まって、遺書的な物を書いてまとめる癖をつけておけば、今の生活を見直すキッカケになるかもしれませんね

ネット上のお付き合いであっても、急に連絡が取れなくなって、だからといって自主的にサイトを閉鎖した様子も無い
そんなフレンドがいるといつも不安になります。
最悪、急死されたんじゃないだろうか?という疑いがいつもついて回ります(´・ω・`)

実際、先の大震災の後なんてみんなそういう不安を経験しましたよね?

たぶん事実は、ただ単に飽きただけとか名前を変えて再出発とかそんな事だろうとは思うのですが、一抹の不安を拭い去る事はできません

私がもし、その様な事になった時はその事実を家族の誰かにここに書いてもらおうかな。と思います。

前回の続きじゃないですが、死んだら、サイトを家族に見られて恥ずかしいもへったくれも無いと思いますのでね

にもかかわらず、実にくだらないPCアプリが有るらしいですよ。

「JIGEN」        「僕が死んだら...」

これらなのですが、私が娘なら、むしろこんなアプリを導入している事の方がげんなりして、「なんて器の小さい男だ!」と思うでしょう。

死んだ後の事なんて、しかもそんなくだらない恥など心配したって意味無いでしょ┐(´ー`)┌

てか、おめでたい人ですね。オヤジなんてみんなそんなものだろうってこちとら解ってますよ(^_^;)

想像を遥かに絶する性癖が有ったって、とんでもない裏社会に属していたって、凄い浮気の事実が出てきたって、別に驚きもしません。
むしろそんなサプライズウェルカムですよ。

いや、最悪「許せない!こんなとんでもないヤツだったなんて!」とショック・怒り爆発という展開になったとしても、

いいじゃない。死んでしまってるんだから、その後何が起こっていようがどう軽蔑されようが一切感知する事もできないんだから。

だからこそです。何がなんでも生き抜いてこその人生なのです。

死ねばそこで全て終了です。ゲームオーバー。他の人は続いていても、関係ない。
地球いや宇宙ごと爆発して全て消滅する事と同義。自分にとっては。

私の考え方はそうです。

ありゃ?

賢明な読者はお気づきだと思いますが、この考え方でいくと、遺書なんて無意味な物という事になりますね。ただの無責任な駄目なヤツみたい。(-ω-;)ウーン ちょっと違うな~。

矛盾しています。要するに、私自身も確固とした考え方をまだ持てていない。あれやこれやと思考迷走中って事です。

どうやらまだまだ、こうだと言う確固とした信念も確立できていない様ですので、一旦この手のテーマはこれにて終了にしようと思います。

ありがとうございましたm(_ _)m

 


Posted by れいな on 01.2012   0 comments
Category :日記

新築予定地

こちらにブログ引っ越しする可能性があり、新設。
Posted by れいな on 01.2012   0 comments   0 trackback
Category :日記
 

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。