マカロン座椅子

大きなマカロンをもらいました

マカロン椅子 (1)

ではなく、これはマカロンのように美味しそうですが、れっきとした座椅子なのです

マカロン椅子 (2)

こんな風にパカーと開きます

これに座ってこたつに入ってみんなでマリカ7対戦して、モグモグ食べて・・・・・

というダラダラした年末年始を過ごしてはいけませんね~


Posted by れいな on 31.2011   0 comments
Category :ファッション

ゼル伝日記⑤

発売と同時に購入した「ゼルダの伝説~スカイウォードソード~」の日記を
トワイライトプリンセスに続いて書いていきます

ただし、まだ発売されて新しいため、あまりネタバレになるようなことは書けません
とりあえず今回は序盤中の序盤の紹介程度の内容にとどめておきます

スカイウォード (1)

Wiiリモコンプラスと25周年記念CDがセットになった物を購入しました

説明書は驚くほどペラペラでした。
実際にプレイしながらゲーム中に操作法などを学んでいくというパターンですね
まあ分厚い説明書を最初に読んだってピンと来ないのでその方が良いと思います。

スカイウォード (5)

背景のストーリー的には、ありがちなお話で、昔、二つの勢力が争っていて、女神と共にあったグループが天上にあがり、この様な天空に浮かぶ街を作ったと

主人公リンクはそこに住む1人の少年。という出だしです。
天上界に住む彼らは地上界が存在するらしいと言う事は知っていても雲を抜けてその下にどうやって行くのかは解らない。

スカイウォード (6)

走ったり、前転したり、この様に何かを押したりする際、その四つ葉のクローバーみたいなパワーのゲージが減っていきます
カラッポになるとハアハア言ってゆっくりしか動けなくなります

スカイウォード (7)

今回のゼルダはこの人です。
囚われのお姫様とかではなく、ただのリンクの幼馴染みのお友達という設定

喋り方も上記の様にごく普通の女の子の様ですが、激しくツンデレキャラです。
リンクにはデレで、他の言い寄ってくる不良達にはツン、というどこにでも居そうな人です

トワプリに比べて明らかにグラフィックがベタッとしています
Wiiじゃなくて64ぐらいの解像度の様な感じすらするのですが、まあそんな事はどうでもよくて、重要なのはストーリーやゲームシステムといった「中身」ですよね。

 

スカイウォード (8)

今回の、「トワプリとは違うのよトワプリとは。」と言える最大の点は、Wiiリモコンプラスを動かしたと時にそのプレイヤーの手の角度や動きにピッタリ合わしてリンクが武器などを動かすところかな

だから本当に自分がリンクになって冒険しているリアリティがより大きくなりました

スカイウォード (2)

こんな所でも「25周年」をアピールしていますね

この後、鳥(ロフトバード)に乗って空中戦を制するミニゲームのようなイベントを経て、いよいよ導入部が終了します

スカイウォード (3)

やっぱりゼルダは、ピーチ姫よろしくさらわれてしまいました
それを追って行って、助けるために冒険に出ます
いよいよ雲の下の地上界に降り立ち、長い長い冒険が始まるわけです。

剣先からオーラを飛ばしたり、回転斬りをしたり、という攻撃法はゼル伝ではおなじみですが、そのための力溜めはこの様に剣を真上にかざします
実際にプレイヤー自らビシッと腕を真上に伸ばして上げなくてはならず、このゲームをプレイしている所を知らない人が見たら、何か痛い人みたいに見えないかな? なんて思うぐらい若干恥ずかしいです

スカイウォード (4)

前作ではミドナが色々ヒントをくれましたが、今回その役に当たるのはこのファイです(左に居るキャラ)

トワプリはノーヒントの難しい謎が多く苦労しましたが、今回は敵への有効なダメージの与え方とか、今からいったいどこへ行って何をしなきゃいけないのか、などを随時教えてくれて親切な設計になりました


Posted by れいな on 28.2011   0 comments
Category :ゼルダの伝説

イルミナージュ

神戸市北区にある「フルーツフラワーパーク」で今年初めての催しである
「神戸イルミナージュ」に行ってきました

イルミナージュ (1)

イルミナージュとは、イルミネーションの「イルミ」とイタリア語の「泳ぐ」を意味する「ナージュ」との造語です
 光がオーロラのごとく泳ぎ・絡み合い、輝く様子を表現しているとのこと。
豆電球ではなく、全てLEDで作成されています

2011年11月1日(火)から2012年1月17日(火)の78日間毎日開催されています

イルミナージュ (7)

ゲートをくぐって敷地内に入ると、その美しさに感動します

ちなみにここはルミナリエとは違ってもちろん入場有料で、大人1000円、小学生500円です

ですが決して高いとは思いませんでした

イルミナージュ (5)

色々な動物のイルミネーションもあります

午後5時30分から午後10時(点灯は9時30分)まで開いています。

ホテルフルーツフラワー、大沢(おおぞう)温泉も有りますので、宿泊するつもりで来ても良いと思いますね

イルミナージュ (6)

ショップも有って、実際に飾られているのと同じ物も並んでいます
非常に高価な大きな作品もありますし、小さなおもちゃの様な物も売っています。

イルミナージュ (3)

"希望のHIKARIを神戸から!"というのがメインテーマで、
もちろん未曾有の大震災からの一日も早い復興を頑張りましょう。ということですね

イルミナージュ (2)

イルミネーションだけではなく、お猿さんのショーもやっています
これはフルーツフラワーパークに行くと年中やっている名物ショーですね。
「無料」で見る事ができます。 とは言え、何の収入も無しに運営維持できるわけありませんよね。
実際にショーを見て、「良かった」と思ったら帰り際に好きな金額の寄付をカゴに入れて帰るという事でした。
このトレーナーの方が「皆さん、できれば折りたたんで入れてくださいね」って言っていたのが面白かったです
でも実際にカゴを覗いたら結構お札が入っていました

最初から有料にしていたらあまりお客さん入らないので、こういう風にするのは商売として上手いな~と感心しました
もちろん「つまんなかった」と思えば何も払わず出てもいいわけですから、実演する側としても良いショーを見せる事に一生懸命になれるので、お互いにとって納得がいって、効果がある手段だなと思いました

イルミナージュ (4)

ここもお祭り的な出店が並んでいます。
ただ、外は寒いのであまり賑わっていませんね

バイキング形式のレストランもあって、そこでご飯を食べました
どれもかなり美味しかったです

イルミナージュ (8)

寒いほど、空気が澄んでいますので、イルミネーションがより綺麗に見えます

ですがこの様に、平日とはいえあまり来場者が思ったほど居ませんでした。
ごった返しているよりはもちろん良いのですが、大丈夫かな?赤字になって今年1回きりで終わっちゃうんじゃない?などと心配しちゃいました

見に行く価値は有りますので、関西方面にお住まいの方は是非行ってあげてくださいね


Posted by れいな on 25.2011   0 comments
Category :旅行

あぐー

豚肉っていろいろ種類がありますが、最も美味しいと言われているのが、「あぐー」という種類の豚です

あぐー (1)

これは沖縄でしか飼育されていない稀少な種です。
一時たったの18頭までその数を減らした後、絶滅を何とか阻止して徐々に増やされています。
とは言え普通の種に比べて飼育コストもかかり出産数も少ない種なのです。
身体が小さめなので1頭から取れる肉も少ないです。

なので当然値段は高いです

ですが、あぐーは他のどの種類の豚肉よりも甘みがあります。
旨味成分アミノ酸が、一般の豚肉の約2.5倍
も含まれているからなのです。そして柔らかいのです

関西でこの「あぐー」を美味しく食べられるお店に行ってみました。

まず大阪梅田の大丸の地下2階にある「柿安」というお肉屋さんが併設している6人しか入れないカレー屋さん。
ここで、あぐーのカツカレーが食べられます。かなりのボリュームがあります。
一日10食しか作れないようですので、早めに行った方が良いでしょう

味はもちろん文句なしに美味しかったです。
ただ、甘みのあるあぐーをカツにしてカレーに入れてしまうのはもったいない感じがしました

肉そのものの味を楽しみたいなら、やはり「豚しゃぶ」でいただきましょう。

あぐー (2)

西宮ガーデンズにある「遊食豚彩いちにいさん」に行きました

主に鹿児島黒豚のしゃぶしゃぶをそばつゆにつけて食べるお店なのですが、様々な種類の豚肉を食べ比べることができます

「あぐー」が抜群に美味しかったです。だいたい、

普通の豚肉<<鹿児島黒豚<あぐー

って感じでした。その肉の甘みの違いをハッキリと感じ取ることができました

あぐー (3)

あぐーソーセージ・ベーコン・角煮(ラフテー)


Posted by れいな on 22.2011   0 comments
Category :グルメ

レディーゼ

西梅田にある「ブリーゼブリーゼ」に行ってきました

1_4.jpg

ここの向かいには「ハービスENT」というフェラガモなど一流ブランドショップが多数入っている商業施設があるのですが、こちらブリーゼにはそれほど高くはないブランドのお店が入っています

3_3.jpg

1階から4階までが主にファッション系で、5~6階が食事処、7階がイベント会場になるというパターンです。
6階から1階を撮ってみました。この様に吹き抜けになっていてあまり身を乗り出すと怖いです

毎月、第4土曜日が「レディーゼの日」になっていて、その名の通り女性にとって得な事がある日なのです

vivienne69.jpg

ただし、私の主な行き先は2階にある「Vivienne Westwood」で、ここはレディーゼ特典なにも無いですのであまり恩恵が得られません
ですが、ネットでこのブランドのアイテムを買う相場と、ここに行って購入する値段との差が尋常ではないですので、実物正規品を見に行く方が絶対に良いと思います

vivienne70.jpg

で、この様な物を中に入れて持ち歩いているという・・・

実際このポーチ、ネットでは約24000円の値段が付いています。どのサイトに行っても。
しかし正規のお店で買ったら11000円です。 あまりにもふざけていると思いませんか?

decomirror.jpg

デコレーション手鏡と髪留めと定期入れとスプーン。
実際に使うには少々ボリュームが有りすぎますので、部屋に掛けて飾ります

kulokukku.jpg

また靴を買ってしまった
これは、そのように上の部分が取り外し自由になっております

今年はどんな物にもファが付いている傾向があって、ぬいぐるみみたいなふわふわ物が大好きな麗菜にとっては、あれもこれも欲しくなる嬉しい年でもありますが、一向に預金が貯まらない痛い年でもあります


Posted by れいな on 19.2011   0 comments
Category :旅行

ねんがんの 金ハンドルをてにいれたぞ!

マリオカート7の攻略はのんびりと進めています

また1本動画を揚げてみましたので、時間有れば視聴してみて下さいね



マリカWiiでもおなじみだったコースが今回セブンにはレトロコースとして4つ収納されています

道はだいたい同じですので、これらのコースが当たった時だけ異常に勝てるという人も多いのではないでしょうか?

キャラも前作に登場した3人とMiiを使用してみましたが、前回も言いましたようにセリフの種類が少ないですね~(´・ω・`)

goldengyror_2.jpg

そしていよいよ、マリカ7でもハンドルがゴールデンになりました~

ドライバー視点にして、かつジャイロ操作でたくさん走っていると突如この様な色に変化します

img_2377.jpg

しかし、通常視点にしたり、ドライバー視点でもスライドパッドを使用して操作していると、またこの様な黒ハンドルに戻ってしまいます

ちなみにレートは、9999がカンストではありません。
10000以上もどんどん増えていくのです。
だから99999がカンスト。なのかもしれませんし、もしかしたら10万以上にも・・・
いや、それは表示できそうにないから、さすがに無いかな?

今回のマリカ7のレートは、低レ部屋で大負けとかしてもWii版みたいに激減炎上とかしたりしませんのでご安心を
やればやるほど増えていく一方です
もちろん最下位ばかり取り続けていたり、切断ばかり食らっていたら、チビチビ減っていきますけどね
正直言ってWii版の時のようなレートを維持するための手に汗握る緊張感はありません
しかし、それにこだわるあまり精神的に変調をきたすという事も少ないでしょう。
たかがレートの数字のためにトラブルを起こすぐらいなら、これぐらい気楽にできる方が良いかもしれませんね

img_2400.jpg

最近すれ違い通信が、ものすごい事になってきました
毎日この様にカンストしています。
嬉しいことなのですが、1人1人チェックしていく暇がありません(≧∀≦)

img_2375.jpg

すれ違った人達はこの「マリオカートチャンネル」の中に登場して、タイムアタックやグランプリで擬似対戦できます
グランプリ(150cc)で勝てば(優勝する必要がある)、相手の持っているマシンパーツを貰うことも可能です
もちろんWi-Fiでレースやバトルに合流することも可能です

img_2380.jpg

私のお気に入りマシン組合せは、この蜂カートとキノコタイヤと傘のグライダーです。
種類が多すぎて正式名称全然覚えていないです

photo_201702181512316bb.jpg

この蜂マシン、なんと実物まで製造されているのです
実際に運転してみたいですね~

mii.jpg

オンラインプレイしていたら、ホムスの英雄「ダンバン」に出会いました。
この様に偶然出会った人に合流をかける事も可能ですので、「機神兵フェイス」「愚か過ぎだぜムムカ」などのMiiを作成して(・∀・)ニヤニヤしながら合流する楽しみがあるわけなんですね~

誰だよそれ?って方は、「ゼノブレイド」というWii史上最初で最後の神ゲーを是非プレイくださいね。


Posted by れいな on 16.2011   0 comments
Category :Nintendo 3DS

神戸ルミナリエ

地元ネタではおなじみの、神戸ルミナリエに久しぶりに行きました

ルミナリエ (2)

これが最初にお目見えする「光のトンネル」の入口部分です

ルミナリエは、阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年の12月に初めて開催され、今年で17回目になります。

ルミナリエ (3)

光のトンネルの中に少し入った所で振り返って見た所。 基本的に立ち止まったりすることは禁止で、流れに乗ってゆっくりと全員歩いていきます
中にはど真ん中でこれをバックにピースとかして写真を撮っているマナーレスな恥ずかしい人も居ますが・・・
ちなみに上等でないケータイのカメラなどで撮ろうとすると静止しないと綺麗には撮れないと思いますので諦めた方が良いですね

両サイドはそこに写っているようにブランド店などが並んでいますのでその前にでも寄って斜めからなら止まってゆっくり写真も撮る事が一応可能です

ルミナリエ (4)

トンネルを抜けると、次のコーナーにはこの様なお城みたいな箱型の囲いのイルミネーション

ルミナリエ (5)

その中心部にこの様なドームがあります

ルミナリエは、来場無料です。
みんな(来場者・協賛企業)の募金でもって存続しています

特設会場内ではキーホルダーなどの募金グッズやオフィシャルグッズが販売されています

ルミナリエ (6)

それを上から見た写真。 たくさん人が居ますねー

あと、お祭りみたいに出店がたくさん並んでいました。
たいしたことのない物でもこういう所で良い匂いがしてくると買って食べたくなるんですよねー

ルミナリエ (7)

その隣のコーナー。 どこから撮ったのかというと、神戸市役所のビルの上からです
秘密のスポット・・・ のつもりだったのですが、そうではなく、一通り見終わった後に三宮の方に向かう途中でしっかりと「展望コーナー」として公開されていました

ルミナリエ (1)

平日にもかかわらず、大変な行列でした

場所自体は三宮からの方が近いのですが、長蛇の列のスタート地点は「元町」駅の辺りからになり、結局そこまで歩く羽目になります。
なので最初から元町で電車を降りる方が良いです。
自動車は完全に交通規制されていて近づくことすら不可能です

今年のは12/12で終わっちゃいましたので、もしも来年お越しになるときはそれを覚えておくと良いと思います

フレンドのフローラさんが、「青空スケープ」にてこれが点灯する瞬間を収めて下さっていたので、合わせて宣伝・紹介いたします


Posted by れいな on 13.2011   0 comments
Category :旅行

惑星ショコラ

大阪の中之島にある、

惑星ショコラ (5)

リーガロイヤルホテルの中に、ショコラブティック「レクラ」が有ります

惑星ショコラ (4)

その人気商品である「惑星ショコラ」を頂きました

惑星ショコラ (1)

太陽系の8つの惑星をイメージして作られています。
パッと見は、ジュエリーか置物かと思うぐらい綺麗な球形でツルツルに光っています

惑星ショコラ (2)

左上から順番に、

●Mercury 水星 風味:ココナッツマンゴー マンゴーとココナッツの風味をとじこめ爽やかなレモンの香りを添えたガナッシュ。

●Venus 金星 風味:クリームレモン ホワイトチョコレートにレモンのほのかな酸味とやさしい甘さをとじこめたガナッシュ。
 
●Earth 地球 風味:カカオ チョコレート本来の味わいを楽しめる口どけの良いプレーンガナッシュ。

●Mars 火星 風味:プラリネオレンジ 香ばしいプラリネとみずみずしいオレンジの香りをとじこめたガナッシュ。

●Jupiter 木星 風味:バニラ 芳醇なタヒチ産バニラをミルクとビターのブレンドチョコレートにとじこめたガナッシュ。

●Saturn 土星 風味:ラムレーズン ビターチョコレートにレーズンを合わせラム酒をきかせた大人のガナッシュ。

●Uranus 天王星 風味:ミルクティ ミルクとビターのブレンドチョコレートとウバ茶のすっきりした香りがバランスの取れたガナッシュ。

●Neptune 海王星 風味:カプチーノ コーヒーフレーバーにシナモンの香りをほんのり効かせたガナッシュ。

惑星ショコラ (3)

9つセットの分も有ります。 ってことはあとの一つは冥王星

と思いますが、そうではなく、●太陽です。
中央にある濃い色のやつで、クリオロ種(カカオ70%)のチョコレート×パイナップル。
高級感あるマットゴールドに、情熱的な南国をイメージした味のサプライズだそうです。

土星のラムレーズンが一番お酒が効いていてキツめですが美味しいです
火星のオレンジとか酸っぱいのかな?と思いましたがそんな事はなくて良い甘さでGood

自分用に買うにはちょっと高いですが、プレゼントにするならすごく喜ばれると思います


Posted by れいな on 08.2011   0 comments
Category :グルメ

マリオカート7実戦

さて、いよいよマリオカート7が全国同時に発売されましたね

早速、封を切ってグランプリではなく、Wi-Fiにインしてオンライン対戦から始めました



のっけから前回用意しておいたキャプチャーモードでスタートします

大きなモニターに映し出してプレイしますのでWii版と同じ様な迫力は味わえますが、プレイ自体は大変お粗末な物になります

上画面だけだとマップもわからないし、誰が何のアイテムを保持しているかもわかりません。逆に言うと、下画面を見る事によって後方確認や誰が今何位に居るかなどがわかります

ヨッシーで、普通のカートで、ダートに強そうなホットラリーみたいなタイヤにしました
何の練習も無しにこんな部屋に入ったらまあこうなるのは目に見えてますね^^;
3レース目だけ「キノピオサーキット」というキノコカップの最初のビギナーコースが当たりましたので、レースらしいレースになりました

ただ、レース中に、Wiiみたいにプレイヤーの名前が上画面には出ない・・・
誰なのかわからないのって、地味に、ものすごく残念ですね(´・ω・`) 下画面も同時にキャプチャーして小窓でミックスした動画を作成するという手段もあると思うのですが、大変な作業ですし小さすぎて見にくい動画になると思いますのでそれはやらない予定です

img_2315.jpg

VRのレートは1000からスタートします。勝っても負けてもWii版ほど激しく数値は動きません。

だいたいWii版でのVR6000到達が、これの1100到達と考えて良いかなと思います。それだけに、この部屋のような3000台とか4000台とかまで行こうと思うと発売後から寝る間も惜しんで廃人レベルのプレイをしてらっしゃるんだなということが窺えます

Wi-Fiの回線的には、Wiiと同じかそれ以上にラグは全然感じず、快適にプレイできました
ただ、満員でもフレンドに合流して、その後誰かが抜けるまで延々とLIVE映像を見て参加できるまで待たされるのには閉口しました(*´Д`)=з
毎回ああなるのなら、マリオバイクWiiも同時にインしながら時間潰さなきゃならない予感・・・

img_2335.jpg

なんと、バトルもレートがBRじゃなくてVR使い回しでした 一瞬目を疑いましたが間違いないようです。
レースでは一向に勝てませんでしたがバトルなら初見ステージでも結構イケて、レート増え出しました
でもグランプリ練習しないとVSでそれを全部バラ撒くことになってしまう。

レート統一しちゃったら、ますますバトルやる人が減っちゃうんじゃないかな~(´・ω・`)

それから今回新しいのは、野良で一度でもご一緒したプレイヤーは、自動的に自分のリストに登録されていく事
その人がまた走っていたら、いつでも合流して再会できるのです。
偶然出会ったチャンプとかランカーともフレンドになれるみたいな感じです。
ただしその分、マナーの悪いことをしたりしてもバッチリみんなのリストに入っていますのでしっかりと覚えられてしまいますよ
その場限りで悪さをしてサヨオナラ=3 っていうWii版みたいな事はできませんからね

img_2312.jpg

グランプリやWi-Fiのコミュニティのルームなどでも頑張ってコインをたくさん集めたら、新しいマシンのパーツが増えていきます

そのグラフの意味がイマイチまだ理解できないのですが、「ハンドリング」は前作で言うところの「ドリフト性能」のような印象です。
ドリフトせずにオートのようにハンドル切っても走れるのですが、所詮「マニュアルでドリフト禁止」の縛りと同様のスピードしか出ず、「オートドリフト」の様には走れません

今作は前作以上に「ガチレースゲーム」ではなく「パーティゲーム」っぽいので、走りよりもアイテム等による攻撃や防御に専念したかったのですが、オートドリフトが無いのは残念です

img_2330.jpg

ウーフーアイランドの様に、3周ではなく、1周のみの長いコースで3セクションに分かれているというコースがなかなか斬新でした。
今回のレインボーロードは、そのあまりの美しさに心が奪われました

img_2311.jpg

50ccのグランプリを全カップ制覇したらMiiで走れるようになりました

ところが・・・ 声が・・・ ものすごく機械的で変な音(声じゃない)なんです・・・

「へいへ~い!」の前作とは雲泥の差が有ります。 男子も女子も

どうしてこうなった! そんなのどうでもいいって人にはかまわないでしょうけど、私はちょっとこれは悲しかった

ゲームのBGMとか音楽自体は抜群に綺麗な音でカッコいいんですがね。
特に1位独走に入ったときのズンチャカズンチャカ盛り上がってくるのが粋な演出です

まだ始めたばっかりですが、現時点でのWi-Fiの印象としては、マリカWiiオンラインのシステムに比べてかなり見劣りしますね
特に上にも書きました合流成功してからの長い待ち時間は致命的な欠点だと思いました。
これどうにかしないとWii版のように気楽にインしたくなる気持ちが萎えていくと思います。
早急に改善を求む!

それからレートの増減画面で+20とか-101とか増減幅がWii版のように表示されないのもモチベーションに関わりますので表示されるようにして欲しいな。

ってもう今更、変更はできないかもしれませんが



Posted by れいな on 03.2011   0 comments
Category :Nintendo 3DS
 

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する