スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by れいな on --.--
Category :スポンサー広告

空中庭園

大阪の定番中の定番のデースポである梅田空中庭園に行ってきました

空中庭園 (4)

2つのビルが一番上で繋がっていてその部分に庭園が有るのですが、
日本庭園みたいな物があるのではなく、

空中庭園 (5)

緑なんかほとんど無くて、至る所にカップルで楽しむためのコーナーがあって、景色を眺めたり、飲食したり、写真を撮ったり、願い事を書いたり・・・そんな場所です

空中庭園 (3)

この時期は、1階の2つのビルの間の場所で「ドイツ・クリスマスマーケット」が開催されます

巨大クリスマスツリーも目玉ですね

空中庭園 (11)

この様な可愛いマグカップに入ったココアやワイン(アルコール0%のも有り)を飲んだり、ジャーマンポテトやウインナーソーセージなどもありました

空中庭園 (2)

39階まではエレベーターで無料で上がれるのですが、40階と41階の空中庭園自体は有料です
41階が屋上で「外」になります。
ルミ・スカイ・ウォークでは、床に敷き詰められたカラフルな蓄光石が光って幻想的です

空中庭園 (7)

ルミ・デッキには2人で座ってその丸い電極みたいなのを触って、かつ、手を繋げばラブラブ度によって床の電光がレベル1~4まで光り方が変わります
なるほどねー。
冷めていたら手のひら乾燥しているでしょうけどドキドキしていたら手に汗かくので良く電流が2人の間を流れて派手に光るという事みたいですね

空中庭園 (10)

地下には、昭和初期の浪速の街並みを再現した「滝見小路」があり、様々な料理店が並んでいます
そしてこの様な前輪が1つしかない面白い自動車がありました

空中庭園 (8)

39階にあるお土産コーナーにこの様なお菓子がありました。
見た瞬間、噴きました
というより、むせました。 こういうセンス、大好きです
と思っていたら、早速本家の北海道の石屋製菓から訴訟起こされてるじゃあ~りませんか
無断でパクっとったんかい!
ってことはもうすぐこれは幻のお菓子になる可能性が大ですので、箱などは捨てずに大切に取っておきましょう

空中庭園 (6)

上から見た大阪の夜景。新しくなったJR大阪駅が見えます。
真ん中の3つの丸っぽい屋根のビルはRitz-Carlton

空中庭園 (9)

夜になると断然、人が増えてきました。ライトアップされていて更に迫力が増しています

空中庭園 (1)

このスポットはカップルで来るなら、やはり昼よりも夜に来るのが正解でしょう。
まあ、昼から夜まで通しで居たら変化がよく解るのですが、夜は当然99%がカップル客です
逆にカップルじゃないのならお昼のうちに楽しんで帰る方が良いと思います


スポンサーサイト
Posted by れいな on 30.2011   0 comments
Category :旅行

ポケモンセンターオーサカ

11/26に、ポケモンセンターオーサカに行ってきました

pokecen (1)

この11/26という日は、ちょうど一年前(2010年)のこの日にお引っ越しが行われた日なのです。

新しい場所は、JR大阪駅を挟む2つのタワーのうちのサウスタワーの方の13階にあります

なかなか大勢の人でごった返していました

ここではマスターボールが貰えるようですが、私はブラック・ホワイトを持っていないので特にメリットは有りませんでした

pokecen (2)

たくさんのポケモンのぬいぐるみが有ります。シェイミとパチリスを探しましたが居ませんでした

pokecen (3)

でも大好きなスカーフポケモンのチラチーノが居たので連れて帰りました

pokecen (4)

他にもいろいろ貰えました。クリアファイルセット、ノート、クリスマスツリー用飾り付け、などなど。


Posted by れいな on 27.2011   0 comments
Category :旅行

3DS Capture Test

マリオカート7の発売ももう間近に迫ってきました。

Wii版の時のように、Wi-Fi対戦などの楽しそうな動画を撮ってアップロードして仲間を増やせたらなー(*´∀`*)

と思っている人も少なくないはず。 もちろん私もその1人なのですが、いかんせん操作しながらの録画が難しすぎる。 DSマリカの動画とかも散見しますがお世辞にも綺麗な画質や見やすい動画って皆無ですよね(´・ω・`)

悪戦苦闘中の作品をまず揚げてみました。

スーパーマリオ辺りを撮れたらベストなのですが、買っていませんorz 持っているソフトはnintendogs+catsただ一つのみなので、とりあえずそれで実験開始。

nintendogs+cats のプレイ中録画テスト。

フォーカスが画面にピッタリ合うとクッキリはするんですが、同時にスジスジのノイズも目立ってしまいます(´・ω・`)
わざとちょいピンぼけぐらいにした方が滑らか。

オートフォーカス機能は切った方が良い。ONにすると逐一ピントを調節するので映像が安定しない。
ほかのホワイトバランスとか露出とかゲインとか彩度とかも全て自分で最適なレベルに調整してそこから変化しないように固定した方がいい。

1:20辺りで一度ソフト切り替えの時に画面が真っ暗に近くなるのですが、ここで白けないベタブラックを出せるかどうかが味噌ですね。

拡大率も、変えたら上記全部合わし直しになるので固定の方が良い。
解像度は16:9の「854×480」が3DS上画面のデフォルトですがPCのスペックに自信があるなら「1280×720」でキャプるといいかな。

映り込みを防止するため画面にアンチグレアのフィルムを貼るという手も有るのですが、発色が悪くなるのでそれよりもまず部屋の電気を消すことが大事。

耳鼻科の医師みたいに額にカメラ装着してプレイ・・・ ではブレてブレてお話になりませんので、やはり本体側にブツを装着。

img_2218.jpg

まあこれだけ綺麗に大きなモニターに映し出せたら良い感じなんじゃない?

と言うより、小さな画面では目が疲れそうだし迫力が・・・
などという理由で購入を見合わせようと思っている場合、この簡易WiiUで問題解決じゃん(゚∀゚ )

と思えなくもないのですが、マリカほどの俊敏性が要求されるゲームだとやはり「ラグ」の存在が致命的かもしれません(´>д<`)

それにマップなど(他のレーサーが何のアイテム保持してるかも見える)は下の画面です。手元とモニターとを瞬時にチラチラ見るの、大変で3DS本体でやる以上に絶対疲れる。ちなみにバックミラーは廃止になったようです・・・

なのでこれで動画撮ったとしても、ど下手くそな「録画しながら走ったらこんな事になりました~\(^o^)/」的な、ネタ動画しか揚げられない可能性大です。

一番良いのは、ニセトロキャプチャみたいに基盤から直接、画面表示の信号を見つけ出して分配し、キャプボに取り込み、自分は普通に本体画面見ながら集中プレイ。

というやり方。 要するに、任天堂が自社やソフト開発会社などにのみ提供するモニタ出力用の3DS機械を模造する。

具体的には本体分解・ハンダ付け・吸い取り・分配・固定・カバー・・・など機械工作の知識や技術が無いとまず無理でしょうね。
にょき酸やちくてん酸でも難しいかなー。

しかし仮にそれができたり、あるいは誰かに分解改造してもらったとして、もうその3DSはそれ専用の本体となるでしょうね。
まあ家で従来のWii版と同じ遊び方をするならOKでしょう。

しかし今作ならではの特徴は持ち歩いてすれ違い通信などの機能です。それもしたい。となるとちょっとお手上げかもね。

「据え置きマリカ専用キャプチャー機」でWi-Fiネット対戦(Wii同様)

「分解無しで通常プレイ機」ですれ違い通信などでリアフレ増やしてワイワイと^^

の様に2つのアカウントを持つと言うのもマリカ廃人の一つの生き方かもしれない。(本体一つにアカウント一つきり、ただしフレンドは100人まで登録可。らしいですから。)

日々精進し実験の虫となって、誰よりもれいなのが綺麗で見やすいよ。って言われるようになるように頑張りますね。


Posted by れいな on 24.2011   0 comments
Category :Nintendo 3DS

目次を作ってみた

フレンドの皆さん、またそれ以外の訪問者の方々も、いつも見て下さりありがとうございますvirgo

当ブログも2009年1月より発足し、いよいよ丸三年経とうとしていますclock

これもひとえにいつも訪問・コメントなどして下さる皆さまのおかげです

当初マリオカートWiiの日記を書くつもりで始めたのですが、いつの間にかあらゆるジャンルのごった煮になってきました

ブログらしいと言えばブログらしいのですが、当然興味の有るシリーズと無いシリーズなど人によっては様々だと思います。

書いている私自身も分量が多くなりすぎて全体を把握しきれなくなってきました

結構力を入れて書いた記事なども底の方に埋もれてしまって誰の目にも止まらなくなっている。
という気持ちは長く続けているブロガーなら誰しも感じている問題点だと思います

そこで、前々からやろうと思っていた「目次」なる物を今回作成実行に移すこととなりました

ただ、複雑にしすぎるとクリックしていくのが億劫でややこしくて見る気がせず、返って逆効果になります

でもトップ記事にあまり分量の多い物を持ってくると、表示が重くなったり、最新記事が見にくくなります

なので常時表示される「もくじ」自体は上記の様にできるだけシンプルに、次の階層で一気に並べる。という方法を取ろうと思います。

それでもなお多すぎる記事のカテゴリーがあれば、続き物の記事などはまとめて全部表示されるようにカテゴリーを新設し、そこにリンクを張ろうと思います。

また、タイトルの文字列ばかりをただ羅列していっても見栄えが良くありません

mokuji1.jpg

だからブログと言うよりホームページ(ウェブサイト)のようにしてアイコン(サムネイル)を見てポチッと押せば良いようにしてみます

こんな風にしたら良いんじゃない? というアイデアなどございましたらどしどしご提案下さいね。

まあハッキリ言って訪問者のためというより、自分で過去を見直したいがための自己満足作業以外の何物でもないのですがね


Posted by れいな on 21.2011   0 comments
Category :PC・WEB

マリオカート7予習

久しぶりに3DSの記事でも書きましょうか

3DS関連の記事にこの頃アクセスが多いので、あえて思いっきりtrendyなタイトルを付けてみました
これで残念な記事だったらボコボコにされそうですので、解りやすく書いてみようかなと思います。

img_2201.jpg

しばらく放置していましたが久しぶりに本体を持ち歩いてみました

かなりすれ違いMiiが増加しましたけど、これはいったい何人ぐらいまで保存しておけるのでしょうかね?

img_2202_2.jpg

上には上がいくらでもいらっしゃるようで、もう4桁超えている人も結構見るようになりました

約8ヶ月(30日×8=240日)経って、2400回超えているということは・・・・・
つまりそういう事だ。と言わんばかりのマニアっぷりですね

例えば関西なら、ヨドバシ5階・・・いや地下鉄の御堂筋線の梅田駅の南側の改札口辺りとかで朝夕のラッシュ時に張り込んでいたら、みるみるうちに増えていきそうです。
10人でいったん打ち止めになるので、一度開いて全員チェックして更に10人・・・・・と言う具合に。
まあものすごく邪魔ですけどね、そんな事していたら

マリカ7 (1)

さて12/1にいよいよマリオカート7が出ます
もちろんもう予約して発売日からやるつもりで居るのですが、その週よく考えたら泊まりがけで家に居ないのでプレイできないというorz
最初ぐらいしかランキングに載るチャンス無いのに出足からくじく羽目になりそうです

見た目上、このハチの形のマシンが気に入ってるので今のスーパーゲッソーみたいに自分にとって使いやすかったら良いのになー(*´∀`*) と思っています。

今回、「マシン+タイヤ+特殊パーツ」を自分でカスタマイズするわけですが、「最速」になる組合せが前のファンバウとかデジマみたいに単一にならないように配慮して欲しいですね。
「Bダッシュ+スリックタイヤ」「バナナバギー+ワイルドタイヤ」が速度的には同じで速いわけですが、途中で例えばヘイホービーチのように全員強制的にダート部を走らなきゃならないような仕様にして、そこを走る時に別の組合せの方が速くなる。というように、必ずしも「最強」の組合せはコレだ!と言えないような仕様にして欲しい。

まあ絶対無いと思いますが、隠しマシンで「ハングオンバイク」が登場したら噴きますね(≧∀≦)ギャハハ

グランプリ、タイムアタック、そしてバトルは「ふうせん」「コイン」でWii版と同様です。
今作ではスタンダードだけじゃなくVS同様にカスタマイズした好きなマシンで参戦できるみたいです。

マリカ7 (3)

コースはまた新コース16個レトロコース16個合計32でWiiと同様ですね

現時点で半分ずつしか発表されていないですが、やっぱりルイージマンションワルイージピンボールは入ってきましたね。
後半はいつも通り、買ってみてからのお楽しみでしょう
私個人的にはWii版からはグラグラ火山を再度、ちゃんとバグSCできないようにして採用して欲しいなと思います。
と思ったらもう発表された。メイプルツリーハウスだと? うーん、まあ好きなコースだけど残念><

今回、海の中にも入ってスクリュー付けて走りますので、今までコースアウト扱いだったノコノコ岬の海底とかも走れる可能性大ですね
と思ったら、大当たり~\(^o^)/

アイテムの「かみなりぐも」は不評すぎて消えました まあ当然かな? 
「POW」もウイリー操作で回避できるとかいう意味不明仕様でしたので消滅。
「トゲゾー甲羅」が、私の考案した黄金甲羅の仕様になりました。
すなわち地上を転がりながら途中のレーサーをも撥ね飛ばして1位の選手まで届きます。
「ラッキーセブン」なる難しそうなアイテムが新登場

マリカ7 (4)

新しいキャラクターも一部発表されています。
いかにも重量級って感じの「メタルマリオ」、軽そうな「ジュゲム」、手が生えているまさかの「ハナちゃん」、何となく予想していた「ハニークイーン」
ハナちゃんはたぶん言葉は喋らないと思いますが、女王蜂はロゼッタみたいに喋ってくれるかな~?
あと、「ヘイホー」も出場が決定しています。
コースアウト後に助けてくれるいつものジュゲムも居るみたいです。

現時点で16名発表されていますが、重・中・軽の3種ならば割り切れないので、また全部で24名+Miiかな?
となれば他のワルイージなどの隠しキャラはプレイしていくうちに登場するのでしょうけど、だいたいおなじみのキャラでしょうね。
とりあえずファンキーはもう引退してくれて結構です。
いいかげんあの声は聞き飽きましたので
でもデイジーはレギュラー間違いないでしょうね。
またスピード補正は今まで通りなのかな~?
そうだとみんな同じキャラに偏ってしまうので、できればMiiが最強にして欲しい。
それならお顔も声もバラエティに富むし楽しいと思うんだ。

マリカ7 (2)

操作法。

今までのDS版と同様に十字ボタンでやるか。

その上のスライドパッドでスティックのように操作するか。

はたまた、ジャイロセンサーが搭載されているので本体を傾けてプレイするか。

視点は通常で行くか、上記のような「ドライバー視点」にするか。

たぶん、通常視点でスライドパッドが一番やりやすそうな予感。

ドリフトタイプ「オート」「マニュアル」選べるようです。マニュアルはDSやGCみたいに左右ガチャガチャして直ドリばっかりする仕様ならボタンすぐにダメになっちゃいますが、それではなくWii版と同様のターボの溜め方になる様です

肝心の3D機能はONにしたら臨場感は間違いなく増すでしょうね。
ただ、長時間やるとなったらOFFにする人が多発しそうな予感もします

そしてこのアタッチメント
取り付けた方がしっくりと安定して持ちやすい予感がするのでこれも買ってみようかなと思っています。
ただしNintendoから直接発売される物ではないので「ニセWiiハンドル」みたいに使えない代物かもしれないのでちょっと不安

マリカ7 (5)

ネットワーク対戦。

これが今回一番時間をかけて改良に改良を重ねて開発された目玉です

Wii版のようにネット上だけではなく「すれ違い通信」でもMiiやゴーストが来たりしてお友達になれます
口も利いたことの無い思わぬ意外な人と「リアフレ」になっちゃうかもしれませんねo(^-^)oワクワク
他のソフトと同様にアイテム(マシンパーツ)とかも対戦して勝てば貰える様です

レートは1201とか書いてあるので5000スタートじゃないのかも?
コインの取り合いが熱そうです。
3DS本体を持ち歩くと溜まるゲームコイン、いよいよ活躍する場がここに来たれり

そしてコミュニティ。 
これの存在によりルーム戦で「なんちゃら大会」が開催できやすくなりました。
キャラやアイテムの縛りのルールとか予め設定したグループを作れますので、周知徹底せずとも「ノーアイテム」とか確実に設定するのに便利です

ただし、今回は12人は無理みたいで、8人が一部屋の最大人数となります。
Wii版に慣れていたら物足りなく感じますが、その分、回線落ちとかラグとか発生しにくくなった。
のだと思いますので期待しましょうか。

チーター、またそのうちコレにも出るんでしょうねー(*´Д`)=з
この前マジコンとかいうのが敗訴していましたので、任天堂はもっと強気の姿勢で対策・訴訟など威嚇していって抑止力を上げていった方が良いと思うんだ(`・ω・´)

しかしコレ、写真はまあ何とか撮れるとしても、「録画」どうしたら綺麗にできるんだろ?
デジビデを三脚とかでセットして、本体持ち上げずに机に置いてプレイ?
それは無理ですね┐(´ー`)┌
でも普通に持ってやるとなったらブレてどうしようも無い。
せいぜいDSの動画と同じレベルしか無理でしょうね。
改造して基盤から直接、モニターに信号出すようにしたら、綺麗にキャプチャーもできて、そうしたら大きな画面でWiiみたいにできて、本体はコントローラーみたいに普通に持って時々下画面だけタッチ操作。
という「WiiU」みたいな事ができるんでしょうけど、機械の工作の知識と技術が必要でしょう。
DSでそれをやっている人が居るのでコレでもできるかもしれないですけどね。


Posted by れいな on 10.2011   0 comments
Category :Nintendo 3DS

ゼル伝日記④

ゼル伝日記③ の続きです。 今回で完結です

img_2167.jpg

遺跡を回ってとうとう、自前の大砲を手に入れて、中に入ってジュポーン!と空高く飛んで、ここ天空都市に来ました
ここは湖底の神殿に次いで難しいダンジョンでした
途中、中ボスを倒してもう一本クローショットが手に入り「ダブルクローショット」ができるようになりました。
これは正に、今までこうできたらいいのになーと思っていたそのものの機能なのですごく感激しました

 

img_2169.jpg

当然ボスもそれをフルに活用して、素早く背後に回り込んで背中にクローを打ち込むという戦法で仕留めました
やっと陰りの鏡の欠片が全て揃いました

 

img_2172.jpg

その鏡で影の宮殿に侵入。
ミドナの同胞達をモンスターからヒトの形に戻して、マスターソードが更に強化されました
今まで3回ぐらい斬らなきゃ倒せなかった敵が一撃で倒せるようになりました

 

img_2173.jpg

いよいよ敵の首領ザントの顔が露わになりました。
あれ? イケメンを期待していたのですがちょっと、いやかなりイケテナイメンですね。
カメレオンの仮面を被っている時は、いかにも魔王っぽい威厳や重圧を感じたのですが、なんか喋り出したらイメージが全然変わりました。
サルみたいにキーキー喚いて、思い通りにならないと頭をゴンゴン床にぶつけたりして幼稚なバカキャラを露呈し始めてがっかりさせてくれました
戦闘は、今までのダンジョンのボス戦のおさらいという感じでした

 

img_2176.jpg

城下町でスタアゲームに挑戦しました
普通30本しか矢筒にストックできないのですが、全部クリアしたら、こんなにいっぱいストックできるアイテムをもらえました
残り時間ゼロぐらいでギリギリにクリアできたみたいで、たぶん無理だろうと思っていただけに2回目でオールクリアできて驚いて歓声を上げました

 

img_2184.jpg

ラストダンジョンは、ハイラル城。 
懐かしい音楽と共に奥へ進んでいきます
途中、今まで入手してきたアイテムや能力を全ておさらいして駆使するような仕掛けが目白押しでした

最終ボスはガノンなのですが、まずは憑依されたゼルダに勝たねばなりません。
スーパーマリオギャラクシーよろしく、撃ってくる光弾をリモコンヌンチャク振り回して跳ね返して当てる。
というパターンでした

 

img_2183.jpg

そして魔獣ガノンは最初のトアル村での家畜キャッチと同じ要領で捕まえて投げ倒す。というパターンでした
次の騎馬戦が結構厄介で一番手こずりました
最後がガノンドロフとの剣道一騎打ち。
ここに到着するまでに鎧の騎士と既に2回も対戦していて兜割りや背面斬りなどの練習を積んできましたので、これは結構あっさりとトドメを刺すことができました

 

img_2187.jpg

やっと諸悪の根源をやっつけてゼルダと喜んで、後ろを振り返ったらこの人が居ました。
「あんまり綺麗すぎて・・・ 言葉が出ないか?」のセリフにはハマリました
いやホントにリンクはポカーンと見とれて唖然としていたと思います。
ちっちゃくされていた時とのあまりのギャップに驚きますね
でも性格は小さいミドナの時のままでした。

 

img_2189.jpg

ミドナは影の世界の女王として帰らなければなりません
「また会おうな」と言うものの、陰りの鏡はザントは割ることしかできなかったけど真の王族は消滅させる力を持つ。
というセリフが引っかかっていたので、嫌な予感がしました。
案の定、別れの瞬間、ミドナは自らの涙で鏡を破壊して帰って行きました
すなわちもう二度と会うことはできないのです
再び光と影の世界との間で争いが起きないように断腸の思いで王として決断されたのでしょう

そしてエンディングを迎えました。 一つ確実に言えることは、ゼルダ姫は完全に空気でした。
「ゼルダの伝説」ではなく主役はこのトワイライトプリンセス「ミドナの伝説」でしたね

ヒントや誘導が乏しくて非常に難しいゲームでしたが、最もWiiらしさをふんだんに盛り込んだ素晴らしい作品だったと思います
逆に言うと、本体発売と同時に出たこのソフト以来、Wiiの特徴を生かしているゲームがほとんど出ていないという事になりますね。

最後に、「この良作を挫折したまま放置はもったいないから是非再チャレンジしてね。」と発破をかけてくださったREOさんに感謝致します
言われなければたぶんゴロン族と出会う前ぐらいで放置のまま一生、その先を見ることが無かったと思います。

さて、今月はスカイウォードソードが出ますね
トワプリよりもサクサク移動できて、あらすじ機能なども追加されて攻略しやすい親切設計になっているらしいので楽しみですo(^-^)oワクワク


Posted by れいな on 03.2011   0 comments
Category :ゼルダの伝説
 

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。