【MK8D】苦手コース

今作の3大苦手コースを告白します。

mk8d (29)
①ミュージックパーク
②チクタクロック
③カラカラ砂漠

この3コースは、私がオンラインにデビューして以来、ただの一度も1位を取った事がありません。
これだけ連日やっているのに、ただの一度もです。
低レート部屋ですら勝てません。
なので私の揚げもん動画でも全く登場していないと思います。
揚げる価値の無い酷いレースしか無いからです。
唯一チクタクロックだけは揚げもん2で最初に登場しますが、圧倒的最下位から最後になんとかキラーで中盤ゴールできたというネタレースだけです。

mk8d (28)
①②③とも、走ること自体は嫌いじゃありません。むしろ雰囲気とかは好きな方です。
タイムアタックでもスタッフゴーストを破るのに苦労した覚えもありませんし、グランプリで躓いた記憶も有りません。
それぞれのコースで特別苦手な箇所があるかと聞かれても特に無いんですよね~
なのに、オンライン戦になると例外なく下位安定。
なぜなのでしょう? 原因が解らないので克服のしようもない状況です。

前作のMK8の時も同様の記事を書きましたが、あの時の3大はヨッシーサーキット、ネオクッパシティ、キノピオハイウェイでした。
これらは理由が単純明快でした。単なる走り込み不足で道をロクに覚えていないだけでした。
しかし今回の3大は道自体は大して複雑じゃない。二周目辺りまではそこそこなのになぜか三周目でフルボッコに遭って終わってしまうパターンが多い印象。

mk8d (32)
カラカラに関してはチーズランドとかと同様に道路自体が悪路なのでいつも以上に滑る事を念頭に置いたドリフティングが必要な事は解るのですがね。
チクタとミュジパは何を練習すれば良いのか解らない。
時計の針の上を通るSCをマスターする必要がある?
タンバリンの上で確実に7Dをキメる必要がある?
そんな高等テクをマスターする必要はないと思うのですが・・・

mk8d (30)
その次に勝率が悪いのがプクプクビーチ。

mk8d (31)
そして、キノピオハーバー。
これらも好試合だった例しがありません。

もしこれらのコースが得意で、勝つコツみたいな物を伝授して下さる方いらっしゃいましたらよろしくお願いしますm(_ _)m

以下揚げもんの続き。

Posted by れいな on 16.2017   2 comments
Category :マリオカート8DX

【MK8D】バージョンアップ(Ver.1.2.0)

マリオカート8デラックス、またしてもサプライズ神アプデが施行されました
今日(2017/06/29)からはVer.1.2.0になります。

内容は以下の通り。

  • ピクミンシリーズの amiibo を使って、「ピクミンスーツ」が入手できるようにしました。
  • 通信対戦とマリオカートTVのローディング画面で、ルールとコース名を表示するようにしました。
  • インターネット対戦で、順位が下位のとき、追い上げに有利なアイテムが出やすくなるようにしました。
  • インターネット対戦で、アイテムのパックンフラワーが同時に2匹以上出ないようにしました。
  • インターネット対戦で、Miiレーシングスーツを選んでいるときにタイマーが切れると、操作不能になる問題を修正しました。
  • インターネット対戦で、スーパークラクション使用直後に次のアイテムを使うと、通信相手にそのアイテムが出現しない問題を修正しました。
  • インターネット対戦で、アイテムが決まらずにルーレットが回り続ける問題を修正しました。
  • インターネット対戦で、1位がゴールした後に30秒過ぎてもレースが終了しない問題を修正しました。
  • ブーメランフラワーをキャッチしたとき、2個目のスロットに入って投げられなくなる問題を修正しました。
  • 装備しているアイテムと、アイテムスロットの表示数が異なる問題を修正しました。
  • 装備しているアイテムで攻撃を防いだ直後に、そのアイテムを使用できる問題を修正しました。
  • インターネット対戦の観戦時や、観戦終了時に、通信エラーが出やすかった問題を修正しました。
  • 更新データには、ゲームを快適に遊んでいただくための問題修正など、掲載していない内容も含まれています。

いくつかの項目はものすごく重要な事柄です。

mk8d (25)
上から2つめの内容がコレですね。
今まではコースルーレットが止まった一瞬しかどのコースの何ccなのか表示されませんでした。
なのでちょっとよそ見していたら、見落としてしまいがちでした。
コースはまあ始まった瞬間に判るものの何ccなのかは見落とすと結構大変。
ミラーは判るとして100なのか150なのか200なのかで走り方が変わりますからね。
この下のスペースを有効活用する事にしたのは素晴らしい。
動画作る時も私がいつも必ずルーレット画面から録画しているのもそれが判らなくなるからでした。
今度からはこの画面から録画しても大丈夫って事よね

mk8d (23)
そして最大の変化はその下の項目。
今までは一度下位に落ちるとパックフラワーとかブーメランとか甲羅とか下位同士で潰し合うようなアイテムがやたらと出ていました。
私も何度もその事を動画内でもブーたれていたと思います。
それがとうとう、改善されたのです!
実際やってみると思っていた以上に如実に変化していました。
スターとかキラー、加速アイテムがどんどん出るようになっています。
そしてパックンフラワーが二人同時に出るというバカげた仕様も廃止されました!
これにより、一度上位集団から落ちこぼれても再度巻き返せる策が練りやすくなるはずです。
マリカWiiの時のようにマップを見て順位調整して良いアイテムを引いて最後にゴボウ抜きで大逆転!
なんてレースが再び出来る。
最高速度の速い重量級キャラじゃなくてもアイテムのチカラで出し抜く事も可能に

アイテムが決まらずルーレットが回り続ける不具合・・・って、
あれ不具合だったのか。Wiiの時にもなりましたよね。
基本的に回線が悪くなって部屋がラグくなると起こる現象でしたが、あれが起こらなくなるのなら大歓迎ですね

MKDX (9)
そして最後の、通信エラー多発問題の改善。
これもメチャメチャ大きいアプデだ。
前回のアプデ以降ややエラーの起きる確率が上がって、
合流する部屋のメンバー表が出たところで「しーーん」とフリーズし、やっとライブ映像が出たと思ったらすぐ消えて、「通信エラーが発生しました」というパターンが多発していました。
また人が多い時間帯になるとレース中でも落ちる事が多めでした。
それらがようやく改善されたとなるとコレは大きい。
というより前回も言いましたがあのままオンライン有料化するのはさすがにマズすぎるレベルでしたからね

mk8d (26)
VSのレートが8000に到達しましたー
7000から8000まで実はかなり厳しい道のりでした。
特に7000前半から足踏み状態でちっとも増えなくなりました。
なのでその状況を打開すべく、とうとう重量級キャラに手を出しました

結論から言うと、目に見えて強くなりました。
まずスタートダッシュして今までは必ず後ろからぶつかられるわ横から弾かれるわで、どんなにいい順位でスタートしてもすぐに揉みくちゃにされて下位に落ちてしまってました。
それが、無い。追いつかれないし、前の人をスリップストリームで追い抜いて更に前に出られるんです。
この違いは本作ではめちゃくちゃ大きな事です。
一度前に出てしまえば後は上位集団の一員として逃げ切るのみ。たまにはデスコンで下位に沈む事も有りますが、その回数は明らかに減りました。
これで7500を突破し、8000をも射程に入れました。

でも正直言ってこの8000辺りが現在の実力の背伸び限界かなと思う。
というのは、自分よりもレートが低い人達が多い部屋なら上位に入れるのですが、平均レートが8000以上やレート5桁の人が沢山居る様な部屋だとどう頑張っても勝てません。
アイテムの駆け引きだけで走力ある人を出し抜けるコースも本作には存在しない。
凡ミス一回で12位確定。みたいな無理ゲーな試合ばかりでだんだん嫌になってきます。
現時点でレート9999を超えている人はやはり伊達じゃない。
ただ漫然とイン率高くプレイしているだけで成れるクラスではないなと痛感した。
前のマリカ8の時は私がオンラインに出た時すでにフレンド達が10000を超えていたので上位でも下位でも常にレート増え放題だった。だから特に労する事もなく9999突破できました。
でも今回は発売日組なので真の実力が問われる。
自分よりもレートが低い人(経験者だけども始めたてのレ詐欺の人も含む)に負けまくっている様では一向に増えません。むしろ減っていきます

まあね、
数字なんて気にした方が負けだよ。そんな物に囚われずにエンジョイする事が大事よ。
と言う自分がいる一方で、
いや常に大会とかルーム戦ばっかりやるならいざ知らず野良に出るならやっぱりレートの数字こそが続ける目標になるでしょうが。それに、ドラクエの高級な装備やおしゃれな服をフレンドに見せるのと同じで、レートの数字を「ほら見て!私8000超えたのよ!」ってひけらかす事こそがモチベーションにも繋がる。
とマリオカートWii時代から脈々と引き継がれている「血」が叫ぶのです

前回の記事の動画に登場したシュウトさんも、とうとうレート99999を達成されました。世界初ですよ。本当にお疲れ様でした。
それだって、「どうだ!」とシャウトする快感、周りから「おめでとう!」「すげぇ!」と賞賛される快感、それこそがそこまでやり込む事ができる原動力だと思うのよ。

とは言え、とは言えです。
一番強いキャラ、一番強いマシン、一番強いタイヤを使って無理して分不相応な数字にしたところで必ず頭を打つでしょう。
なのでまたしばらくは軽量級Miiなどを中心に使っていこうと思います。
実はSwitchにMiiを引越した際にほとんどのMiiを「手直し」して身長をSサイズに縮めたんです。
MK8Dでは軽量級が一番ミニターボが早く溜まって有利だという情報を得たからです。
でも、実際にはキャラの重さの違いなんてあんまり関係なくて、
ローラータイヤを履いているか否か
でそれが決まっている状況です。
だって骨クッパやワリオを使っていて「うわ、いつもならここでスーパーミニターボになるのにまだならない(>_<;)」みたいな感覚を味わいませんでしたもん。
でもワイルドタイヤとか履くと明らかにターボ溜まるの遅くて・・・
これを逆にした方がいいと思う。
すなわち重量級キャラは速度こそ速いけど、もっと露骨にターボ溜まりにくく下方修正しても良いと思うわけよ。

などと書いていた矢先に飛び込んできた上記バージョンアップ情報。
ビックリしました~
みんなの声がMK8Dスタッフに結構届いているのかも知れないね。
前も言いましたが、今回のマリカチームは出しっぱなしで放置ではなく、すごく積極的にアップデートを施してきていて本気も本気です。
まだ買ってないそこの貴方、この機を逃すのはもったいないよ~

以下は揚げもんの続き。


Posted by れいな on 29.2017   1 comments
Category :マリオカート8DX

【MK8D】7000VR

MKDX (6)
MK8Dのレートが6000を突破しました~
この部屋はものすごく回線なども安定してて長時間走りました。

MKDX (9)
回線と言えば、たいていの場合、この画面が「ピロリロン♪」と出て落ちます。
これが出る時はNintendo側のサーバーの不具合ですね。
合流処理を失敗した時とかもこれになります。
フレンドに合流かけて、「観戦になりました」が出て、メンバー表までは出るものの、フリーズしたかのように「しーーん」となって、数十秒後にようやっとライブ画面に切り替わったと思ったら、「次のレースから参加します」も「部屋が満員です」も出ずにすぐにブラックアウト。
ちょうど今レースが終了したところなのかな?と期待するも、そうではなくすぐにこの画面が出ます。
更に厄介な事に、「中の人」は合流失敗したのにキャラだけはしっかりと合流して勝手に参加しているんです!
フレンドの動画を見て唖然としました。コンピューターが勝手に運転してるんです。
でも当然非常に弱いのでフレンドは「レイナさんはレース中に回線落ちしたんだな」と思います。
始めから全く参加してないんですけどね。
で、同じ部屋に必死で合流再チャレンジしても同じエラーばかりになります。
当然です。既にヌケガラだけが合流して走ってるんですから。
なのでそのレースが終わってヌケガラが居なくなってようやく再度合流チャレンジ権が回ってくるわけです。
時々レート0の人とかも交じってるし(おそらくそれもエラーで誰かのヌケガラとかでしょう)、もうちょっと優秀なサーバー使って欲しいね。
オンライン有料化されてもこの状態だとクレーム殺到しますよ。

MKDX (10)
レース中の回線落ちで「ピトン♪」と言う音と共にこれが出る時もあります。
これの場合は大抵自分だけの回線落ち。すなわちNintendo側ではなく、宅内のネット環境が悪いとか地域のネットワークが混雑してるとかプロバイダが貧弱でバックボーンが弱いとか電子レンジ起動して邪魔されたとかそういうの。
書いてあるように本体を再起動したらちゃんと繋がり直す事も有りますがあまり関係ない事の方が多いかな。
VITAもよくPSNに繋がらなくなる事が多いのですが、再起動したら治る事は多々あります。

MKDX (8)
カウントダウンが始まっています。
すなわちたった四人しか居ないのに試合開始した珍しい例。
次々とMiiが昇天していった時は十中八九、部屋崩壊になるのですがごく稀に生き残って継続できる事もあります。
ちなみにこのレース、非常につまらなかったです^^;
改めてMK8Dは大人数でだんご状態になってこそのゲームなんだなと解りました。

MKDX (7)
VRが7000を突破しました~
だんだんと増えにくくなってきましたが、一つの区切りとなる9999突破までは燃えたいですね。

以下、揚げもんの続き。


Posted by れいな on 18.2017   4 comments
Category :マリオカート8DX

【MK8D】5000VR


mk8d (11)
マリオカート8デラックスのレートが3500を超えました。

mk8d (8)
全部のコースでタイムアタックをしてNintendoのゴーストに全て勝てば、おそらく最後だと思われるパーツがもらえました。
ちなみに今作では200ccのタイムアタックもあります。
それも全てスタッフゴーストに勝ったら何かあるのかな?と思いましたが今のところ何も無いようです。
200ccのNintendoゴーストに勝つの、結構大変です。
Nin☆Rieさんとか2人ぐらい女性の名前の社員ゴーストがあるのですがその2人が速い速い。
リボンロードのゴーストなんていくら頑張ってノーミスで走っても勝てません。
ノーミスでなおかつ相当攻めた走りをしないと勝てない。

mk8d (9)
貰えたのはこの金のタイヤです。
これで、車体・タイヤ・カイト・マリオの全部がキンキラキンの超成金カーが出来上がりました。
で、走りやすいかというと・・・
かな~り扱いにくいコーデでしたσ(^_^;)

そしてまた、揚げもんも作成しましたのでペタリ。


【野良レースその2】
BGMはケイオスリングス3(クリックにて詳細からチョイスしました。
そのゲームは音楽もストーリーも本当に最高だったので未プレイの人は是非やってみて下さい。
乗っているマシンは主に「モト・ドーザー」というバイクですが、なかなか小回りが利いて扱いやすいのです。
「ポケ・モーター」と語呂が近いのでそれみたいな物かと思っているのですが、やはり最高速度が遅いのが痛いところです。
私のライン取りが拙いのもありますが、すぐに追いつかれる事が多かった。

mk8d (10)
レート4000突破記念写真。


【野良レースその3】
こちらはパタテンテンに乗っています。
スーパープクプクみたいなネタマシンかと思いきや、マッハバイクぐらいの立ち位置なのです今作では。
重量級と接触すると弾かれるのは事実ですが、Wii版の時ほどのハンディ・ストレスは感じません。

無印8の時は重量級とくにモートンでブルーファルコンあたりに乗る。それ一択みたいな感じで、あのファンキー以上に耳障りなダミ声があちらこちらから聞こえてくる状態でした。
今回はキャラの偏りが無くなってるのでイイネ。
マシンもこれ最強みたいなのも特に無い。
ただし、タイヤがね・・・
ローラータイヤの1強みたいな状態なのは要改善かも。
一度これに慣れると他のタイヤではミニターボが溜まるのが少しだけど遅くなるので、もう変える気が起きないのが実情。
でもローラーって見た目が一番つまらないのです。
車体と全然マッチしていないコーデも多々あり、一瞬「タイヤ履き忘れてる車?」って感じの見た目になります。
どうせなら見た目の格好良さにもこだわった組み合わせコーデも楽しみたいよね。
なので他のいくつかのタイヤもローラーと同じ性能にしても良いんじゃないかと思う。
ただ、あんまり車高が高くなってなおかつデカいキャラを乗せると前方視界不良になるという欠点が有りますけどね。

mk8d (12)
VR5000到達記念写真。

ついでに、作りかけのまま放置していたWii版のかき揚げ丼も揚げました。


【かき揚げ丼9】
珍しくハングオンバイクばかり集めました。
とは言えイルカ以外は不慣れなマシンばかりですが。
BGMは軌跡シリーズ(クリックにて詳細の好きな曲3つを充てました。
全て解像度は1080pで視聴して下さい。


【かき揚げ丼10】
キャラ達のセリフを聴くためにそのままで揚げ。
同じMiiでもやっぱりこっちの声の方がより人間ぽいし喋るセリフの種類も多いね。
ヨッシーやらキノピオやらマリオシリーズのキャラ達のセリフもこっちの方が良いね。

マシンの挙動ですが、これもやっぱりWii版の方がより自然な気がします私は。
ジャンプした時、パウンドする感じとか、アクションする時とか、吹っ飛ばされた時とか、本物の重力を感じるといいますか。
マリカ8の方がオモチャっぽいというか、無重力っぽい感触があり、かつ地面に吸い付いてる様な違和感があってチャチな感じが否めません。
マリカ7に至ってはそれの最たる感じで、DS版とほぼ同じオモチャっぽさ。
Wii版よりも後から出た作品たちなのに退化している感が否めないのが実情。
グラフィックがいくら綺麗になってもリアリティはWii版が現状一番高いと思います。

この9999が天井のシビアなレートシステムも良いよね~
これの良いところは、炎上したり再度カンストしたりする所。
ダメな時はあえてネタマシンなんかを使って十分に下げて、また這い上がるべく腕を磨く。みたいなプレイスタイルが取れる。

マリカ7や8の経験値的な99999天井のレートだと、ずっとチビチビ上がっていくか停滞するかしかなくてモチベーションが保てなくなります。
また一度上げてしまうと、もうそれよりもレベルの低い部屋には入れなくなってずっと全力で戦わねばならなくなり、あっぷあっぷしてきます。
せっかくいろいろなマシンが有っても、弱いマシンを使ったら運ゲーコースも無いため全く勝てぬ試合ばかりが続きイヤになってきます。
さりとて、一旦適正レートに落とそう。なんて思っても、もう減る事はほとんどありません。
このMK8Dも今は賑わっていますが多くの方がレート10000を超えたらまたモチベーションが下がってしまうんじゃないかと懸念しております。

あと、スプラトゥーン2が7月末に発売されるとそっちに移行してしまう人も多そう。
それゆえにこの1~2ヶ月の間にいっぱい遊んどかなきゃという焦りも無きにしも非ず。
私はイカは正直好きじゃないのでたぶん移行しません。だから予約もしていません。
しかしヒーローモードと新ゲーム次第では浮気する可能性が微粒子レベルで存在しているかも。
オンラインモードが前作と同じでナワバリバトルとガチマッチしか無いのならノーサンキュー。
みんなで1つの大きなボスを協力して倒すとか、みんなで塗り絵をして完成のタイムをチーム毎に競うとか、みんなで隠れている宝をインク撒いて探し出すとか、そういう「殺し合い」じゃないゲームモードが新設されているなら買うかもしれません。

ニンテンドーネットワーク
ニンテンドーのネットワーク、現在は無料で遊べますが秋からは有料になりますね。
と思っていたら2018年からに延びた模様。 詳細→ ホームページ
料金は月額300円と安いね。
一年まとめ払いなら更にお得で実質月額200円。
この有料のネットワークサービスはSwitchのゲーム専用です。
無料で質の悪いブチブチ切断されるネットワーク・サーバーよりも、有料でも質の良いネット対戦ができる方がはるかに良い。
それはマリカWiiの時から言ってました。有料化しても良いから回線の質を上げてチーターを排除して定期的にアップデートもして欲しい。と。
それがいよいよ始まるのかと思うと胸が熱くなるね。
そうしたら今のマリオカートも飽きさせない様に次々とバージョンアップしてくれるんじゃないだろうかと強く期待しております。
 
Posted by れいな on 07.2017   2 comments
Category :マリオカート8DX

揚げもん再び・・・

前回のMK8Dの記事で、「揚げもんを作る予定はございません」と書いたところ、
「それは極めて残念だ」とフレンドさんから言われました。
まあ社交辞令だと解っていつつも、「そ、そう?」と一瞬思ってしまいました。
となるともう歯止めが利かないのが、れいなism。

考えてみれば、わざわざあんなことを言うって事は、「本当はまた作ってみたい」って事の裏返しなんでしょうね。
さて、前に作っていた時はWii、Windows7、コンポーネントケーブル、解像度480などで、
このSwitchはフルHDの1080で60fps、HDMIケーブル、PCはWindows10。
全く違うのでほぼ1から勉強し直しですorz

まあ録画自体は簡単でした。
問題はそれの編集過程です。

Windows10 (6)
このWindowsムービーメーカーが一番慣れているのですが、
前回も言いましたようにもうこのソフトはMicrosoft自身が数年前に見捨てたツールなのです。
1080/60の様なドデカい動画を読み込むと重すぎてまともに動きません。
PCのスペックがいくら高くても、このソフト自身が対応していない感じ。
エンコード時も「1080/60」の項目すら有りません。(無理やり指定する事は可能ですが)

なので「Aviutl」をダウンロード・インストールして使ってみました。
そのアプリは昔ダウンロードして使おうとしたものの、何をしたら良いのかサッパリ解らずすぐにポイした思い出があります。
それもそのはず、それ単体ではタダの箱みたいな物だったのです。
水道も引いてない、家具も無い、キッチンもお風呂も無い家みたいな物。
それらは自分でダウンロードしてきて足していかなくてはならないシロモノでした。


なんとかイメージしている物を作る事はできました。
動いている時の画質が今ひとつ良くないのが気がかりなところ。
Youtubeにアップロードする前のmp4ファイルの時点ではもっと鮮明でSwitchのゲーム画面と遜色ないレベルなのに、揚げた品はどうも劣化している。
再生時は、歯車ボタンを押して解像度を1080/60fpsにして下さいね。
この貼り付け画面よりも、「Youtube.comで視聴する」を押してそのサイトで見た方が大きな画面で視聴できます。

肝心のウデマエは、素人に毛が生えた程度ですので、全く綺麗な走りでもなく、アイテムの使い方もお粗末千万です。
「あー、そここうした方が良いのに(´・ω・`)」などございましたらアドバイスいただければ幸いです。

今作のコースの音楽ではこのラストの「ヘイホー鉱山」の曲が一番好きかも。
Miiの声はMK7では泣きそうになるほど酷かったけど、MK8はWii版に近い声に戻ってて良かった。
でもヨッシーなど他のキャラの声がちょっと・・・
ミニターボ出した時のセリフが1種類しか無いのか、同じかけ声ばっかり繰り返すんですよorz
Wiiの時はもっと色々なセリフ喋ってたのに(´・ω・`)

今作には「一気にゴボウ抜きできるアイテム」が無く、64マリサやヘイホービーチみたいな一気にダート突っ切って大幅にSCできるコースも無い。
なので、ボコボコにされる酷い展開の試合か、最初から終わりまで独走して勝つ。の2パターンが多くなってしまいます。
「そこそこみんなと絡みつつ中位~上位でゴール」あたりが一番見どころ有る試合かな。
今まだSwitchもMK8Dも持っていない人が1人でも「お、私も買ってみようかしら(゚∀゚ )」と思って参入してくれたら良いなと思い、今後もちょこちょこ揚げもん作っていこうと思います。
Posted by れいな on 28.2017   2 comments
Category :マリオカート8DX

ゴールドマリオ

mk8d (4)
さて、Switch版のマリオカートですが、楽しく遊べております~
レースでもバトルでも1位になったらこの様な目立つ王冠がMiiにかぶせられます。
なかなかむずがゆい物がありますね
勝った時は「やった!」をチャットするのが定石ですが、あえて「こんにちは!」とか「ジャイロで行きます」とか場違いなセリフを発したりして遊んでおります。
あんまり毎レース毎レース喋りまくっているとウザがられやしないかと思って静かにしている人が多い印象。特に国内では。世界だと相変わらずチャット連発する落ち着き無さそうな人が時々現れますね。

mk8d (3)
レートが2000ちょうどに到達しました。
マシンはともかくMiiをインターバル時に変更できるところがイイネ!
いろんなネタMiiをたくさん所持している勢にとってはそれだけで神ゲーと感じるでしょう。
Hetter-Pさんがこの試合などを録画して下さっていたのでペタリ。


私自身はまだSwitchのゲームを録画する道具を持っていません。
動画作りすると、楽しみが倍増するし、いろいろ反省点などもみつかって良いのは解ってるのですが、あまりにも下手すぎて見せられないのと、果たして撮るだけ撮って編集やアップロードする時間が無くて結局HDD圧迫するだけで終わりそうな気がするので今のところ揚げもんを作る予定はございませんm(_ _)m
それともう一つ。
Wii版の時のような3周目10位ぐらいから奇跡のアイテム運か~ら~の~、逆転一位キター!
みたいなドラマ性の高い試合が残念ながらMK8Dでも起こりにくいんですよね・・・
アイテムバランスをもうちょっとだけ弄って欲しいなと言うのが本音です。
 
mk8d (1)
操作法ですが、最初は本体付属のジョイコンでやっていましたがあれのボタンやスティックって正直言ってチャチなんです。
ドリフト時にキコキコやってるとすぐ壊れそうな不安に駆られます。
そこでこのプロコンを購入しました。
値段高いです。8000円ぐらいします。でも質は確かです。付属のチャチいジョイコンのパーツとは素材からして全然違います。
改めて、Switch本体は限界までコストカットしてあの値段を実現し、本格的に遊びたい人はワンランクもツーランクも上の機器を用いて遊んでね。と言う意図が汲み取れます。
でもこれあんまり売ってません。ネットで買おうとしてもほぼ品切れ状態。大手のショップでも厳しい。
そこでダメ元でデパートのおもちゃ売り場なんかに行ってみたら・・・
有ったんですね~
思わず「これって今もまだ有りますぅ?」って聞いちゃいました。
「ええ、有りますよ」とさも当然の様に店員が返答したので、「あ、じゃあ一つお願いします」ってこちらも努めてポーカーフェイスでお願いしました。内心は「マジか(゚∀゚ ) こんな所で買えるとは! 最高にイカしてる日だ!」と興奮を抑えきれぬ思いでした
ただ、一つだけ注意。
どこのレビューを見ても書いてありますが、Nintendoの専売特許であるはずの十字ボタンがイマイチです。

mk8d (2)
例えばこの画面でキャラに合わせたカーソルを「→↓→↓→↓」の様にジグザグに階段状に移動させようとしてもその様に動きません。
今までのコントローラーなら親指の腹を十字ボタンの中央に置いて上記のように入力すればOKでした。
ところがこのプロコンはその操作法だと下を押しているつもりが右に信号が入ったりするのです。
なので、指を乗せっぱなしにしないで十字方向の各端っこをチョンチョン押さなければなりません。
まあマリカでは何の問題も無いのですが、テトリスとか格ゲーとかだとそんなバカな押し方でプレイするなど有り得ないレベルですので「うーんこのコントローラー最悪や。横井軍平も草葉の陰で泣いてるよ。」と酷評される事になるでしょう。
話を戻しましょう。
そう、これがタイトルに書いたゴールドマリオ。マリカシリーズでは新しいキャラですね。
これを出すには200ccグランプリを全カップ優勝する必要があります。

mk8d (5)
そのスピードに慣れるまでなかなか大変です。
150の時と同じ走り方ではどう頑張っても曲がりきれないコーナーが随所にあります。
例えばこの「ねじれマンション」の終盤の部分も着地後いつも通りに左ドリフトを全力で切ってもアンダーステアで壁ゴンです。
いや実は、あえてゴン、あえてダート部を少し噛む。といった走法も有ります。
実際TAチャンプゴースト見ていると、いくつかそうやってわざと減速して体勢を立て直しつつ走り抜けているコースが数多くあります。
150までだったらフェアウェイからはみ出すなんて即リセットものでしたが、200ではアリです。
しかし基本は当然インベタで綺麗に走るのがベストですね。
そこで必須になってくるテクニックがブレーキングドリフト。
ドリフト中にブレーキボタンを押すと減速しながらもドリフト状態が解除されずミニターボを溜められる。
でもあまり押し続けていると完全に停止してしまいます。
そうならない程度にブレーキして離してミニターボダッシュ。
これをマスターするのが結構骨です。
Wii版のDKマウンテンのSC直前にガーッとブレーキしてから崖を飛び降りるテクがありましたがアレに近いようでまた違う。
アクセルボタンやドリフトボタンから決して指を離さずにブレーキだけ追加するという動作がなかなか難しかったです。

mk8d (6)
でもなんとかそれらしい事をできる様になって、とうとう200ccの全てのカップで優勝どころか★★★を揃える事ができました。
Wii Uの時は「こんなの無理ゲー!」と言って早々に投げ出した記憶があるのですが、今作ではWi-Fi戦でも200が混じってくるので頑張って練習しました。
どうしても上手く行かない人用に「ハンドルアシスト」なるモードもあります(ボソ
ウルトラなターボは出なくなりますが下手なドリフトを切っても絶対コースアウトしない初心者用モードです。
200なんて現時点では「上手く速く走る」事よりも「遅くてもコースアウトしない走り」をする方が圧倒的に勝てます。
オンラインでも有効です。ただし何ccか見てからそれを変更する事はできませんので、高レート部屋に放り込まれて200頻発しそうだなと思ったらハンドルアシストONにするなどやってみるのがよろしいかと・・・

mk8d (7)
先日MK8Dのマイナーバージョンアップが行われました。
Miiが無表情だったのを改善、部屋が満員でも2名まで「控え」として仮入室して「観戦」モードを楽しめる様に改善、バックミラーの画面でもプレイヤー名が表示されるように改善、ミラーや200が出過ぎだったのを改善、そして一番の神アプデ要素があります。
クラッシュ・スピン直後の無敵時間が少し延ばされました。
実際に体感できます。今までだったら立て続けに「デスコン」になってムキ━━━(#`皿´)━━━!!!!となる展開だったのが、そうなりにくくなりました。中盤~下位でお互いにアイテムを乱発してつぶし合いになる率が下がったのです。
これは誰にとっても嬉しい事です。1位にとっても中盤にとっても下位にとっても。
このアプデで不利益を被る人なんて居ないでしょう。
発売後こんなに早期に数々の修正を加えてきたところにNintendoの本気度が伺えますね

Posted by れいな on 22.2017   0 comments
Category :マリオカート8DX

デラックス

MKDX (1)
マリオカート8DX、予約などしておりませんでしたが、結局買っちゃいました。
ハードは当然Switchです。
WiiUの時はディスクだと読み込みの回転の音とかうるさくてロードも遅いのでダウンロード版の方が正解でしたが、SwitchはDSやVITAみたいなカードなのでカートリッジ版にしました。
Switchはスクリーンショットを簡単に撮れるところが魅力ですね。
Miiverseを起動する必要も無く、デジカメを構える必要も無く、録画装置に繋ぐ必要も無く、好きな時にコントローラーに付いているボタンをポチッと押すだけでその画像が綺麗に本体メモリに保存されるので、この様にゲーム画面を貼り付けて記事とか書く人にとっては最高です。

少し遊んでみただけでは無印版と大して変わらない気がします。
なので発売直後のAmazonレビューなどは予想通り、★5の高評価と★1の低評価に二分されていました。
低評価のほとんどはアンチ任天堂によるゲームそのものの評価ではなく任天堂への悪口みたいなものばかりでした。これもいつも通りね。

MKDX (4)
相変わらず簡易説明書の紙すら入っておらず、ぶっつけ本番で遊びながら覚えろと言わんばかりのコスト削減ぶりに笑いますが、電子版の説明書ぐらいソフト内に用意すべきではなイカ?
何も設定いじらずにスタートするとこの様なアンテナみたいな物がカートに付いています。
なかなかオシャレになったな(*´∀`*) などと喜んでいたらこれは単なる飾りじゃなくて、「ハンドルアシスト」でした。
これがあると絶対にコースアウトしないという、ボーリングで言うところの「ガーターの溝無し」みたいなオプション。
慣れている人には全く無用の長物でした。
ショートカットする脇道に入ろうとしてもこれのせいで勝手に軌道修正されてしまって入れないのです。
なので初めてマリオカートするゲーム初心者や小さい子供向けのオプションですね。

MKDX (2)
今回大きく変わったのはアイテムを2個まで持てる様になった点です。
すなわちWii版の様に、甲羅を一つ装備してもう一つ何か温存というスタイルで走れます。
下位ならスター使ってもう一個スター持って次のアイテムボックスを割る。という感じで以前よりは這い上がり易くなっているはず。
欲を言えばスターやキラーの速度をもっと上げて一気に前へ出られる様にして欲しいけど。

MK8では一周におけるアイテムボックス列の出てくる数が過去作に比べて一つ少ないという短所が有りましたが、DXだとアイテムをストックできる様になったのでその不満は少し解消されるでしょう。

MKDX (5)
そして無印版ではやたらと他人をクラッシュさせるアイテム(甲羅、ブーメラン、パックン、ファイアーボールなどなど)が多く、自分が前に出るためのアイテムが少なかった。
そのため誰もがアイテムを取ったそばからイカ墨を捨てるが如く即使用する傾向が強かった。
それにより下位同士で足の引っ張り合いばかり多発してストレスフルでした。
ストック可能になった事により「ポイ捨て即使用」ではなく「狙って使用」できる機会が増えた。

今回は初めから全てのキャラクター、全てのコース(追加コンテンツだった物も)が揃っています。
50ccから順番に全てのカップで★★★を揃えるべくやっていますが結構なボリュームになります。
しかも150ミラーの次に200ccも有ります。
マシンやパーツは最初は最低限しか無いのでグランプリをやりながらコインを集めて順次揃えていきます。

MKDX (3)
現段階で出ているマシンの中ではコレ(モト・ドーザー)がなかなか使いやすい。
バイクって無印版ではネタマシン級の扱いでしたが、今作では結構イケるんじゃないかと思っています。
と言うのはカートだけの強みであった「サンドリ」とか「ねじれ」なる左右にピョンピョン跳ねて速く進む裏技が今回潰されているので。
あれは実に滑稽でしたのでグッジョブですね。
急速に切れ込むハングオンバイクも最初は使いにくいですが慣れたら結構強いんじゃないだろうか?

そしてミニターボに新しく「ウルトラミニターボ」が追加されました。
スーパーミニターボよりも更に溜めた状態になると発動可能です。
なので出せるコーナーが限られてきますが溜まった時の「プラズマブレード」みたいな効果音がイイネ!

軽量級ほど早くミニターボが溜まる。というのも今作の新しい要素。
実際走ってみると確かに実感できます。
上記のウルトラミニターボができる確率も上がるのでしばらくは軽量級で遊んでいこうと思っています。
軽量級の最大の欠点である「重量級にタックルされて飛ばされて落下」ですが、
Wii版の時は落下によるタイムロスは甚大でしたが、今作ではすぐにジュゲムが釣り上げてくれて、後方に戻される事も無く、持っていたアイテムも手放さないので、そこまで不利ではないと思う。

とまあいくらでも書く事は有るので、続きはまた次回に・・・
Posted by れいな on 02.2017   2 comments
Category :マリオカート8DX

【MK8】9999VR

nol150519 (6)
この4月半ばから本格的に取り組みだしたマリオカート8。
GW中はゲームお休みしておりましたが、
昨夜の5/19、とうとう目標だった9999VR突破を達成しました
いつも対戦、アドバイスして下さるフレンド関係の皆様のお陰です。
本当にありがとうございました。

前回の続きの様子から。
VR7777.jpg
レート7777。
この数値、なぜかWii版の時にもピッタリ止まる事が多かったです。
今回も狙ってもないのに何度も7777に止まりました

VR8000.jpg
8000達成。
そろそろ勢いが止まるかな?と思いましたがなんのその

VR9200.jpg
9000達成。
結構増え幅が小さくなってきました。
マリオカート8ですから、8888の瞬間も出るんじゃないかと密かに期待していたのですがそこには止まりませんでした。

nol150518.jpg
9500突破。
Wiiの時は9500以上の人と9000前半の人の間でも結構な実力差があるなと感じたものでした。

nol150519.jpg
とんでもない鬼部屋で9800突破。
この辺りから否応なくカンストを意識してしまいますが、
今作では1位でも100以上一気に増えたりする事は無いのでそこまで緊張しません。

VR9950.jpg
フレンドのカメロンさんに合流してすぐにビッグブルーで1位、9970突破。
結果的にこの部屋でカンストまで行く事になります。

VR9999.jpg
9988+25・・・ キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
念願の9999VR達成です。
実際には10013になってしまいます。
これも+11でピタリと9999で止まれば最高の絵になったんですけどね。
今作もMK7と同様に最高値は99999に改正されました。いつからか忘れましたが、ぺめさんが「あーあ、低レートでは合流し辛くなったよ。もう辞めかな。」とボヤいてらっしゃった時期です
初期の頃は9999がカンストだったはずです。
その時期にHetter-Pさんみたいにこれを達成していたら感動もより大きかっただろうな~と思います
ただ、その時期(私が始めたバージョン4.0よりもずっとずっと前)と今とでは勝敗後のレートの増減幅が違うかもしれません。
1ヶ月やそこらでカンストできる様なゲームではなかったはずです。

nol150519 (2)
しかし何はともあれ、1つの区切りに設定していた目標を達成できたので大満足です。
しかも誰も知っている人が居ない状況ではなく、フレンドやフレフレの方々がいっぱいの賑やかな部屋で記念の日を迎えられて感謝感激です。
いや実際にはもっと早い時間帯に達成していてもおかしくありませんでした。
しかし完全野良部屋だとどうしても荒い走りになるんですよね~
そのためついついイラッときて自ら9850付近で自滅を繰り返していました。
誰か一人でもフレンドの方が居るとモチベーションが一気に上がるのです。
フレンドという物の素晴らしさを今作でも改めて実感しました。
スポーツでもファッションでも何でもそうですよね。
見られていると思うと自然と張り切るものなのです

nol150519 (4)  
それにしても今までいろんなゲームをしてきましたが、このマリオカート8ほど腹の立つゲームはありませんね~(≧▽≦)
いや言い方が悪いですが、要するにエキサイトし過ぎるという意味です
Wii版の時もそれなりにエキサイトしましたが、怒りと悦びが50/50だった印象です。
デスコンされてキィーッ!となる時もあれば、
スター使ってサンダー読みが当たって金キノコ出て下位から
一気にゴボウ抜きでトップゴーーール!
思わずガバッと立ち上がってハンドル振り上げて万歳ガッツポーズ!
となる時もある。
ところが本作では後者の様な脳汁ブシャー!なパターンは有りません。
勝つ時というと基本的に逃げ切りです。
よっし!ぐらいなもので、そこまでの快感物質は分泌されません。
ライバルにバナナを踏ませても、置きボムで吹っ飛ばしても、「ケケケ! ざまぁwwwwww」なんて喜びも湧きません。
そこが大きく違う。
「いちいちMKWと比較するな」とこの時に自ら言っていますが、どうしても意識してしまいます。

nol150519 (5)
そして3周目に入った時点で下から3番目以内だったらもう敗色濃厚です。
だってそれより上の人にキラーとかスターとかサンダーが出て、
下位3人は甲羅ぐらいしか出ずお互いの足を引っ張り合うだけですからね。
最後まで勝負を諦めたらダメ!の精神は通用しません。
1000から10000までどっぷりやってみましたが、やっぱり皆さんと同じ意見でこのアイテム割り当てのおかしな仕様だけは任天堂に抗議を申し入れたいのが実情。
また、甲羅やバナナやブーメランやパックンやファイアーボールなど他人をクラッシュさせるアイテムが多すぎで、自らが前に出るタイプのアイテムが少なく効果も薄い。
クラッシュさせても、「あーもう!こんなアイテム要らないよ!」と捨てる様な感じで、全然敵を倒した快感が有りません。
あるいはせっかく装備していたアイテムに勝手に敵がぶつかり盾がなくなって逆に腹が立つ。
対してクラッシュさせられた方は無茶苦茶腹が立ちます。思わず大きな声で汚いセリフを吐いてしまう程に。
ちょうどWii版のトゲゾーと考えればしっくりきます。ゲットした人はガッカリしてゴミの様に捨て、食らった人は死ぬほど悔しい。終始どのアイテムもそんな状態。
このバランスが今作は良くない。
腹立つ事ばっかりですwww
こんなの高血圧の人が毎日やっていたらいつゲーム中に脳卒中で倒れてもおかしくないわと思う。
そのうち脳卒中を発症したのはマリオカートのせいだ!と任天堂が訴訟を起こされ、マリオカート販売中止とか。
いや冗談抜きであり得そうな事案ですよ。

nol150519 (3)
とまあ下手くそだと腹が立って腹が立って心にも身体にも悪いので、もっと上手くならねばいけません。
追加コンテンツのコースは皆さんと経験値が近いので結構良い勝負できるんです。
アプデ後はやたらと当たるので練習もそれなりにしていますのでね。
が、既存の32コースが当たった時は物の見事に最下位連発です。
皆さんにとっては1年間散々走ってきたコースでしょうけど、私にとっては逆にそれこそが知らない新規コースみたいな感じになっています。
キノコカップの一つ目や二つ目の広くて単純なコース(名前すら覚えてないです)なんかが特にヤバイです。
空港のコースもいつも最下位です。
イカ墨でも食らおうものなら本当に視界真っ暗で、飛行機の車輪にドカン!
水中のコースなんて意図せず逆走してたり・・・昔のノコノコ岬みたいに。
と、今後はこれらデフォルトのコースをもっと練習していこうと思います。
そのうちレートも頭打ちになり、もはや伸びしろが無いと感じる時期が来ると思いますが、
それまでは精力的に走ろうと思いますのでよろしくお願いいたします。
まだ本作をプレイしていないそこのあなたも是非!

Posted by れいな on 20.2015   2 comments   0 trackback
Category :マリオカート8DX

【MK8】苦手コース

IMG4070.jpg
4/23にマリオカート8の新しいコースが8つ追加されました。
私は追加コンテンツ1+2をセットで導入したので一気に16コース増える事になりました。
全部で32→48種類のコースに増えたわけですが、当然最新の8つを皆さん走りたがるのとアプデ後は新コースが当たりやすくなっているため、既存コースの方が走行経験が圧倒的に少ない状態になっています。
だから、新コースの方が皆さんと良い勝負ができて、既存コースが当たったらロクに道も覚えきれていない状態なので下位安定。
そんな現状ですが、得意なコース苦手なコースがそろそろ判明してきました。
現在の三大苦手コースはこの3つです。

MK8コース (2)
ヨッシーサーキット
ここが当たったら、もうぶっちぎり最下位確定かな。
不規則に連続する急なカーブ。なかなか早め早めにドリフトを入れる事ができず、ターボを出してから次のドリフトを入れているとどんどん操作が遅れていき壁にゴン!海にポチャン!
キノコなどを取っても早く前に出なきゃと思って使用して、結局回りきれずコースアウトもしくはゴン!
途中のパックンフラワーの後ろをミニジャンプで跳び越える難所も、未だ一度も花壇を跳び越えられません。
実はこのコース、GCのマリカ(ダブルダッシュ)の時も一番苦手でした。
音楽は好きなんですけどね~

MK8コース (1)
ネオクッパシティ
ここも急カーブが不規則に連続する似た様なコースなので、同様の理由で下位安定のコースです。
音楽、雨の路面、夜の景色などは大好きなんですけどね~
まあどちらも要するに練習不足が原因でしょう。加速アイテムでテキトーな操作で前に出るといった事が不可能なコースですのでね。
自分より下手な人達が多い部屋なら逆に逃げ切り上位を狙いやすいのかもしれない。
Wii版の「GBAクッパ城3」や「64クッパ城」みたいな存在に近いかも。

MK8コース (3)
キノピオハイウェイ
Wii版のムーンリッジも大の苦手コースでしたが、今回のここは自動車の量が更に多くて事故りまくり。
一応側面を無重力走行すれば激突を避けて進む事が可能ですが、当然遠回りになるのでタイム的には大幅ロス。
全カーブをインベタで走るのが当然一番速いわけですが、壁と自動車の間を綺麗に走り抜ける技術が必要。
広い道に並んでいるコインをイメージ通りに取りながら走る事すらできないのに、そんな狭い所をぶつからずに走れるわけがない。
逆に言えば、自分の思い通りのライン取りで走れる技術さえ身につけば普通にインベタ走行するだけなので、自動車など居ても居なくても同じの楽勝コースになるのかなと思う。
でも多分無理だろうな┐(´ー`)┌
同様の理由でメトロやハーバーの電車も側面衝突が怖くていつも外側を大回りしているのでサッパリ勝てない。

MK8コース (4)
その次に苦手なコースと言えば、今はミュートシティかな。
エフゼロは買った事が無いのでよく解らないのですが、とにかくダッシュボードなど加速する部分を1つでも触り損ねたら終わり。
毎回しんがり独走になります。
コンピューター相手のグランプリ150ccでも勝てるかどうか怪しい。
タイムアタックのスタッフゴーストにも負けかねない。
自分より低いレートの部屋ですら置いていかれる。なんで皆あんなに猛スピードで落ちずについて行けるのだろう?

IMG_4084.jpg
あと、どのコースでも同じなのですがスタート直後のアイテムボックスって、Wii版の時と違い1位から12位まで全員ショボいアイテムと決まっている様です。
具体的にはバナナとか甲羅とか・・・
で、その次のコーナー辺りで100%クラッシュさせられます。防御しているつもりなのに、バナナか甲羅かブーメランかパックンかそれすら判らず訳のわからないうちにボコボコにされて、気がつけば12位。
本作はそこから再度上位に追いつく事は至難の技。
毎回そのパターン。本当に毎回。
そして最下位なのに緑甲羅とかしか出ず、「要らないよ!こんな物!」と思って連射したら跳ね返りまくって結局自分が被弾www
本作の緑甲羅はやたら耐久性が強化されており、プレイヤーに当たるまで全然壊れずに飛び回りますね。

このスタート直後の混雑でいきなり2~3回ボコられて置いてきぼりを食らうというお決まりのパターンをどうにかしたいのですが、何か良い策はあるのでしょうか?

Posted by れいな on 12.2015   2 comments   0 trackback
Category :マリオカート8DX

【MK8】ロビー画面のチャット

nol150419.jpg
追加コンテンツをインストールしたため、いよいよこういう部屋でも遊べるようになりました。
ここは本来、世界野良VSだったのですがフレンドさん達が合流してきて下さり、いつの間にか実質国内シゴキ教室へと変貌していた。というマリカWii時代によく経験したパターンです。
Wii時代はその様な楽しい部屋になってもなぜか絵文字漢字MiiやVR1とかの招かれざる客が混入してきて部屋崩壊。
と言う残念なシーンが多々ありましたが、今回はその様な事にはなりません
こういう部屋で揉まれているとワンミスで11位か12位になってしまうのですがそれでも色々と勉強になる事があります。
 
ところで、今作では野良の世界VSでもロビー画面で簡易チャットが可能なわけですが、
「え? そう返す?」って感じる返答が時々ありました。
なので、日本語圏以外の場合はいったいどういう台詞になっているのだろう?
と気になって調べてみました。

まず1ページ目。
ロビーチャット (1)
こんにちは!=Hello !              がんばります!=I'll give it my best shot !
よろしくおねがいします!=Good luck !  そろそろはじめませんか?=Shall we get started ?
ようこそ!=Welcome !             ちょっとまって=Let's wait for more players
おてやわらかに=Go easy on me !     オッケー!=OK !


なるほどねー。
「よろしくお願いします」ってのはこちらでは自分をアピールするニュアンスの台詞なのですが、向こうでは「御武運を!」っていう相手を気遣う台詞になっています。
「頑張ります」って意外と長ったらしい台詞になるのですね。
「そろそろ始めませんか?」連打するイラチな人がどの野良部屋でも必ず居ますね。国内世界を問わず。ちなみに「イラチ」とはイライラとセッカチを合わせた言葉だと推測。
「ちょっと待って」はこちらではジュースを飲む時など「自分の都合」のために使う台詞だと把握しておりますが、向こうでは「まだ誰か来るかもしれないので」というこれも他人を気遣う台詞になっています。Wii版のルーム戦の中にあった「3分待ちましょう」的なニュアンス。
あとのはまあだいたい日本語のそれと同じニュアンスですね。

次に2ページ目。
ロビーチャット (2)
きんちょうしてます=I'm a little nervous...                      たのしかった!=That was fun !
ワクワクしてます=I'm excited !                                     エキサイティング!=Good game !
ハンドルでいきます!=I'm using motion controls !  くやしー=So unfair !
やった!=Hooray !                                                      もういっかい!=One more time !


「ハンドル」というのは和製英語ですので当然上記の様な訳になりますね。
ワクワクexcitedが充てられ、エキサイティングには「良い試合だ」が充てられています。
「くやしー」のそれは直訳すると「実に不公平だ」になるのね。

3ページ目。
ロビーチャット (3)
つぎはまけない!=I'll get you next time !      ありがとうございました!=Thanks very much !
ラストにします=This is my last game.           おやすみなさい=Goodnight !
そろそろぬけます=I'm heading off...              またねー=Bye !
おつかれさまでした!=Thanks for playing !


「次は負けない」はこちらでは自分を鼓舞するニュアンスなのですが、向こうでは「次の試合ではお前(たち)をのしてやるぜ」という相手に向けて言っている台詞になるのですね。
「そろそろ抜けます」のそれは「私は頭を引っ込めるわ」って直訳。
「お疲れ様でした」これはアスペルガーの記事でも書きましたが実に変な日本語ですよね。日常会話でも頻繁に使用されていますが、相手と自分に向けての「ふー、終わった終わった。大変だったねー。疲れたねー。」っていう労いの言葉ですね。独特の言い回しなのでやはりピッタリの訳は無くて次の「ありがとうございました」と被る台詞になっている様です。
他はだいたいそのまんまな感じかな。
別にこんな物を覚えておく必要も無いと思いますが、若干ニュアンスが異なる言い回しの台詞もあるいう事は知っていて損は無いかと思った次第です
Posted by れいな on 21.2015   0 comments   0 trackback
Category :マリオカート8DX
 

プロフィール

れいな

Author:れいな
PC・ネット・動画、旅行、ゲーム、学問、政治、ニュース、医療・健康、ファッション、グルメなどあらゆるジャンルのごった煮ブログです。

もくじ

Gakujutsu Seijinews Zatsudan Fashion Tabemono Mariokart Sonotagame Mamechishiki Ryokouki Agemon

動画紹介コーナー

アクセスカウンター

リンク

このブログをリンクに追加する