テイルズ オブ ベルセリア

ベルセリア (1)
やるべきPS4ソフトの一つ、テイルズ最新作の「テイルズオブベルセリア」をプレイ・クリアしました。
以下、感想などダラダラと。

ベルセリア (11)
まずシステム面ですが、何の文句も有りませんでした
セーブもロードも速い。
シンボルエンカウント制ですが戦闘画面への切り替えなどもすこぶるスムーズ。
ザコ戦闘が面倒なら避けながら進んでもOK。
バトルは一番難易度の低いのを選べば全滅する事は一度も有りませんでした。
序盤で様々なバトルテクニックをチュートリアルが教えてくれますが興味なければ読み飛ばしてAペチで大丈夫です。
「オート」にしておけばAペチすら必要無いのでお菓子とか食べながらできます。
私は「セミオート」で一応「参加」しましたけどね。
バトルが好きな人は「マニュアル」の「ハード」とかにして様々なテクニックを駆使する楽しみ方も有りです。
レベル上げや金策なども一切やる必要なし。
有料のダウンロードコンテンツに「経験値2倍」とか「お金2倍」とか魅力的な項目が有りましたが、そんな物を購入する必要も有りませんでした。
全体を通してイラッと来るような事は皆無。
最高点を付けても良い出来です。
そしてこのバルバトス群島(頑なにアイテムの使用を拒む戦士一族の・・・)の様な、過去シリーズをプレイしている人ならニヤニヤせざるを得ない名称がありとあらゆる所に散りばめられていてホッコリします

ベルセリア (9)
ストーリーを簡単に。
ある時期から世界中で「業魔病」という奇病が流行し始めました。
その病に罹ると人間が業魔(ごうま)というモンスターに変わってしまうのです。
業魔と化した者は理性が薄れ、人間を襲うようになります。
このままでは世界は滅びてしまう。
そこで立ち上がったのがアルトリウスという男。
彼は業魔を退治する手段を発明し、聖寮という組織を結成しました。
それにより人々は業魔に怯えて暮らす生活から解放されつつありました。
アルトリウスは救世主の様に崇め奉られ、聖寮は国王や教会の権力よりも強くなっていきます。

ゼスティリア (8)
しかしながらアルトリウスはその発明を成功させるために、ラフィという男の子の命を犠牲にしました。
そのラフィの姉であるベルベットという女性が本作の主人公。
目的はもちろん弟ラフィの仇を討つ事。
ちなみにベルベットも業魔になってしまいました。目の前で弟をアルトリウスに殺害されたその日から。

ベルセリア (8)
ロクロウという業魔も仲間になります。トカゲのモンスターになってしまったダイルという業魔も。
程度の差はあれ、どの業魔キャラも一部もしくは全身がモンスター様に変化しています。
でも意識はまだ人間の時のまま保っています。
どうやら強い信念を持っていた人は業魔化しても心まではモンスター化しない様です。

聖隷(せいれい)という本来人間からは不可視の存在のキャラ達も仲間になります。そう、前述のゼスティリアクロス(クリックにて詳細に出てきた天族と同じですね。実際、全く同じです。
現に、ザビーダアイゼン、その妹のエドナもチラッと登場します。
ベルセリアの世界はゼスティリアの約1000年前の世界。
ゼスクロを見ているとベルセリアで出てきたキャラや地名や町などふんだんに出てきますので、後から新しく作られたストーリーなんだなと改めて感じました。
と言うわけで、オリジナルのゼスティリアもプレイしていこうと思います。

ベルセリア (3)
テイルズといえば、キャラ達のスキット・チャットが第1作目からの特徴ですね。
今回のも非常に質が高かったです。
声優が上手い事はもちろん、内容が濃い。
「俺はダオスをだおす!」みたいなくだらないギャグとかではなく、リアルでも役に立ちそうな教訓なども結構出てきて相当気合いを入れて作られているなと感じました。

ベルセリア (6)
パーティインするキャラクターは今回は6人でした。
従来よりも少なめに設定されていますが私は神調整だと感じました。
全員にしっかりと出番があって、印象の薄いキャラは居ません。

ベルセリア (7)
主人公のベルベットは今までに無いタイプですね。女性というのもありますが、アリーシャみたいな実直タイプではなく、はっきり言って悪人です。
殺人するわ放火するわ船かっぱらうわ街乗っ取るわで自分の目的を達成する為なら手段は厭わない。
性格もいつもピリピリイライラしていて、旅行中に一人ずっと怒ってるお母さんみたいな存在。

ベルセリア (4)
魔女のマギルゥは、グレイセスのパスカルやデスティニー2のハロルドみたいなおふざけ系女子。
でも眼が全然笑ってなくて、色っぽいと言うか怖めな印象。
実際チャットでもその事に触れられるシーンがあります。
どうやら彼女はおバカキャラを無理して「演じて」いる様です。

ベルセリア (5)
男性キャラはショタ枠のライフィセットが本当に可愛らしい。
ピョンとした「アホ毛」がトレードマークなのですが何かを尋ねる時にちょうど「?」みたいな形になるのが面白い。
イケメンの2人はどちらもカッコいい。私は特にアイゼンのセリフが好きでした。

ベルセリア (2)
二人とも「心水」という要するにお酒をこよなく愛しており、呑むシーンがよく出てくるのですが、すごく旨そうでした。
ロクロウは和風なので日本酒、アイゼンは西洋風なのでウイスキーみたいなのを呑んでいます。

ベルセリア (10)
結局アルトリウスたちが目指した世界とはこの様な、感情を一切排除して全員が平等にロボットの様に秩序正しく生活している無味乾燥な社会。
これを見た時、デスティニー2で出てきたエルレインが作り上げた理想の世界を思い出しました。
まあ大筋はどのRPGでもよくあるパターンですね。
人間達はトラブルをすぐ起こすので一旦全部リセットする!みたいなラスボス。
一理あるんだけど、やっぱりそれでも愛や憎しみもひっくるめて人間が一生懸命生きていく世界を守りたい!
と主人公たちはラスボスの計画を阻止する。
オーソドックスで原点回帰した様なシナリオで、とても良かったです。
 
Posted by れいな on 27.2017   0 comments
Category :その他ゲーム

カエルの楽園

カエルの楽園 (1)
寓話小説の「カエルの楽園」を読了しました。
どの様な内容の本かというと、

ツチガエルたちが住むナパージュという豊かで美しい国が有りました。
その国には「三戒」なる法があり、決して他の国のカエルとは争わない、争うための力を持たない、敵意を持たない。という事を貫いていました。
しかし、すぐ近くの沼には恐ろしいウシガエルたちが居り、徐々にナパージュに進入してくる様になりました。
それを勇敢に撃退するツチガエルも居たのですが、全面戦争の火種になると議会で判決が下り彼は無力化されてしまいます。
また今までスチームボートという強力なワシがナパージュを守ってくれていましたが、ナパージュ民が自らワシを追放してしまいました。
それにより最終的にはとうとうウシガエルたちが本格的にナパージュを占領してしまい、ツチガエルたちは奴隷にされ虐殺され食べられていく事になります。

これまたバッドエンドを迎えるお話なのですが、単なる架空の小説ではありません。
誰でも解ると思いますが、ナパージュというのは日本の事を指していて、「三戒」が憲法9条を指し、ウシガエルがChina、スチームボートがUSAを表している。

カエルの楽園 (7)
本編を読んだだけだと、「ふーん。なかなか面白いたとえ話だった。」程度の感想で終わるのですが、本作の著者である百田尚樹氏と石平氏との対談をまとめた「カエルの楽園が地獄と化す日」という本も合わせて読むと一気に理解が深くなります。
「カエルの楽園」の解説本みたいな本なのですが、想像していたよりもはるかに充実した内容でした。
最近数年でこれほど激しく胸をえぐってきた書物は他に有りません。
この国に住む人間ならこの二冊は全員が読んでおくべき本だと痛感しました。

カエルの楽園 (6)
その著者たちは嫌いだと敬遠する人も多いかもしれませんが、まあそう言わずに先入観を捨てて頭をまっさらにして読んでみて下さい。
元々Chinaの人である石平氏との対談だからこそ非常に信憑性の高い内容になっています。
と同時に、いかに自分たちが無知であるかという事に戦慄を覚えます。

カエルの楽園 (4)
Chinaが日本を占領する?
そんなアホな事するわけないじゃん┐(´ー`)┌
と誰もが(私も)思いますが、そう思っているのはこちら(日本)サイドからしか物事を見ていないから。
向こう側の国家主席の立場に立って見れば・・・

Chinaは人口が多過ぎる。
しかし彼らが暮らす生存空間が無い。
なので他国の領土を奪う必要がある。
「嘘だぁ。あんなに広大な国土を持ってるのに?」と思いますが、その大半が人間の生活に適さない土地であったり、公害・汚染・砂漠化によって住めなくなっているのです。
また「一人っ子政策」の影響で女児を中絶し男児ばかり産んだため男性が有り余っている状況です。
国家主席としてはこれらの不満を解消すべく他国を侵略し、住む土地を奪い、そこの女性を与える事により解決する。
そして何より「朝鮮、台湾、満州など中華帝国の影響下だった地域を切り離した元凶である日本だけは滅ぼさねばならない。尖閣、沖縄、九州を奪い、最終的には東京大虐殺をやり返してこそ我々の悲願は達成する。」という並々ならぬ反日精神が有ります。

はぁ?ふっざげんな!そんなのそっちの勝手な都合じゃないの!後先考えずに無茶苦茶したあげく、自己責任を放棄し、それを改善しようともせずにこっちに浸潤して来るとか冗談じゃないわ!
と思いますが、中華思想に対してその様な私達の常識は通用しません。

カエルの楽園 (3)
とは言え、そんな非人道的な事が国際的に許されるはずが無いから暴走はしないだろう。
と思うでしょう。
もちろん、爆撃機で焼け野原にするとかその様な目に見える虐殺などしません。
ジワリジワリと日本人たちの自由を奪い、見た目上は友好的に併合している様に見せかけ、外国には情報が漏れない様にした上で好き放題に荒らし尽くす。
その為には先ずは尖閣を奪い、沖縄から米軍を追い出して日本から独立させ傀儡政権を作る。沖縄を抑えたら日本はもちろん台湾を屈服させる事も容易いでしょう。

助けを差し伸べる国?
そんなお人好しが居るわけがありません。
唯一の抑止力だった米軍を自ら拒絶した後なら尚更。
現に、今でもチベット・ウイグル・内モンゴルなどChinaに取り込まれた地域の人々がとんでもない虐待を受けている事を私達は知っているにもかかわらず非難するだけで何も具体的にしてませんよね。
フィリピンとの国境の件でも国連が違法であると判決を出そうが意に介さずChinaは完全無視ですよね。
「力」こそ全てなのです。現に怖がって誰も口出ししません。あのドゥテルテ氏ですら白旗を揚げました。
みんなの決まりも法律もへったくれもありません。
他人から白い目で見られる事など屁とも感じません。
自国民や何の恨みもない周辺国に対してでもあの暴挙を平気で犯すのですから、恨み満載の日本に対して親切に接する道理が有りません。
また、「尖閣はChina固有の領土であり、これを必ず奪取する。」とハッキリと言明しているのです。

カエルの楽園 (5)
いきなり大それた行動は起こしません。
「まあそのくらいなら譲歩してもいいか。その程度で衝突が避けられるのなら安いもんだ。」と思える様な要求を少しずつ突き付けてきます。
これをサラミスライス戦術と言います。薄く薄く少しずつ、しかし確実に奪っていく。
気づいた時には取り返しのつかない段階まで侵されているのです。

「漢民族は地球上の癌細胞」などと喩えられますが、実に言い得て妙ですね。
無秩序に増殖し、増えすぎた為に中心部には栄養が届かなくなり自らの老廃物などで腐敗し悪臭を放ち、次々と周辺組織へと入植・浸潤・転移し全身(地球)を破壊し尽くす。

現在の日本は、テレビも新聞も「防御力を強化する事=戦争法案だ」などと嘯いて喧伝・誘導しており、Chinaにとってはたまらなく美味しい状況です。
戦わずして奪い取り、支配できるのですから。
古代ローマ帝国が地中海の覇権を掌握すべく対岸のカルタゴを滅ぼした構図と同じです。
日本自らが進んでその様にしかねない有様。
支配下に入れたら、ありとあらゆる難癖をつけて傀儡的日本政府から巨額賠償金を吸い上げる。
当然その分、日本国民には重税としてのしかかる。
すなわち我々が一生懸命貯めてきた財産も根こそぎ北京に吸い上げられる事を意味します。
そうなってから初めて「しまった(>_<;)」と思ってももう遅いのです。
そこまでステージが進行してしまってからではどうあがいても手遅れです。

私は政治学者でも何でもありませんがそれでも解ります。
医療だって同じですから。
血圧が高くなったきた。でも何の自覚症状もないから大丈夫。時々180を超えてくる様になってきた。でも今まで病気なんて一切した事もないし痛くも痒くもないから大丈夫でしょう。
と放置していたらある日いきなり脳卒中や心筋梗塞を発症して倒れるのです。
そうなってからいくら後悔してももう遅いのです。
癌だって同じです。ステージが進行してから気付いても治癒はもう望めないのです。
発症しない様に予防する事が肝心なのです。

カエルの楽園 (2)
では具体的に私達は何をすれば良いのでしょうか?
まず無関心である事を改める事でしょうね。「国防」という意識に対して。
そして前にも書きましたが、「真実を見極める慧眼を持つ事。
テレビも新聞もおおよそこの国のマスコミは激しく偏った報道しかしていないのは周知の事実となりましたし、
ネット上でも「中国軍ごとき日本の自衛隊が本気出せば楽勝」や「あんな国そのうち内部崩壊するだろ」みたいな楽観的発言がネトウヨを中心に蔓延っていますが、あの連中はいったい何年前から思考停止しているんだ?と呆れます。
「平和」という物は能動的にそれを守りきるのだという強い意志を持たなければ必ず崩壊してしまいます。戦後から現在まで日本人は「安全な生活」という物を只で享受してきましたが、今後はそうはさせない脅威が眼前に迫っている事を真剣に意識する事。
「事なかれ主義を改める事。
憲法9条? そんな物は諸外国には遵守する義務など有りません。こちらが守るから相手も空気を読むでしょう。という日本人的常識など一切通用しないのです。
本州の人は「尖閣とかあんな小さな島々くらい手放しても良いんじゃない?」とか「そんなに言うなら沖縄県は独立でも何でもしちゃえば良いよ。」などと絶対に思わない事!
見た目は似ていても中身は全く違う民族である事をしっかり意識しておく事。
こちらが善意を持っている様に相手も持っているに違いない。などと決して盲信しない事。
「人を騙してなんぼ」の世界の人と交渉しているのだという事をしっかり意識した上で、こちらも最大限の善意を見せつける事。もちろん腹には一物も二物も含んだ上でね。

以前、「ブログ三大タブーなる記事でこの様な政治的記事などは書かない方が良い。という話を書きましたが、そういう風潮自体も間違っていると私は思います。争いの元になるからと避けるのではなく、建設的に大いに語り合う事の方が遥かに重要だと考えます。
Posted by れいな on 24.2017   1 comments
Category :小説・映画

フレボ掲示板②1~300

マリオカートWiiフレ募掲示板れいな第2スレッドのレス1~300です。

このスレッドを建てたのは2009年の8月末すなわち夏休みでした。
第1スレッドが終了したのが4月でしたので約5ヶ月のブランクが空いています。
その間全くマリカしていなかった訳ではありません。
特にゴールデンウィーク時はたくさんレースしました。
その時に「臨時スレッド」も建てました。
そのスレも第1の時と負けず劣らずの賑わいを見せていたのですが、そのままダラダラと続けていたらまた元の木阿弥だと判断し、断腸の思いで削除したのでした。
しかしながらまた夏休みに入りそこそこ皆さんと遊べる機会が増え、連絡帳代わりになる場所が無いと不便だったのでこのスレッドを建てたのでした。
今回は削除せずにそのまま置いておきました。
結局カンストまで伸びてしまう事になるんですけどね

1 書き込み第1号はぎんじます!さんでした。一人目の書き込みが「引退します」の連絡というのは悲しいですが、もう第1スレの頃からはずいぶん経ちましたので引退する人が出てきても不思議ではありませんね。

2 ともこさん惜しい>< 確かWiiで書き込みしてらっしゃったと記憶しているので書き始めた時はまだ誰も先客がいなかったのでしょうね。

4,6,174 ももちゃんからのカキコ。もしも上記の臨時スレッドの記録が残っていたらたぶん主役はこの「桃菜」さんだったでしょうね~ その時期に最も目立っていたフレボ民の1人だったはずです。

8,229 そう言えばなんとなく気分でハンドルネームを漢字にしたのでした。第1スレッドと区別しやすいように。

16 何を言ってるのか訳が解らないと思いますが、この記事のネタから来ている物だと思います。

17~22 このペコちゃんというのは私の師匠つっちーさんです。彼もずーっとプレイされているのではなくVR9999達成後は休止したり復活したりを繰り返してらっしゃいました。

26 スレのタイトルが「雑談・連絡用」から「フレンド募集中」に変わりました。もうこれで後戻りはできませんね。

27 みあまさんからの初カキコ。というか挨拶ですね。ネムコさん・・・ そうか、もうこの時は既に引退された後だったのね。

39 ももかさんからの初カキコ。この方もその後よく遊んだフレンドでしたが、よくあるカミングアウトをした後から急激にイン率を下げていかれました。

44,58 さん主催の「文豪杯」 私はジョルジュ・サンドという作家のMiiを作って参加しました。

47 みゆきさんからの初カキコ。この人は221「みゆき**」さんとは違う元々「ひなみ」さんです。かなりの問題児でした・・・ 上記の桃菜さんとの壮絶な喧嘩は記憶に残っている人も多いでしょう。ふざけて「みゆき**」さんになりすまして勝手に返事を書くなどという非常識な冗談もやっていましたね。

60 REOさんからの初カキコ。とは言ってもこのフレンドさんとはもっと前からブログを通じて知り合っていました。マリカフレは当然皆さんNintendoファンの人が多いのですが、このREOさんのNintendo愛は他の追従を許しませんね。

61 とっしーさんからの初カキコ。この方とは今後ものすごい対戦数の山を築いていく事になります。その人柄・求心力、本当に尊敬しておりました。

71,72 かずや(ct)さんからの初カキコ。ご覧の通りいつもものすごくテンション高くて元気なフレンドさんでした。

85,87 例のHIJANXさんもまだまだ続けてらっしゃいます。芽衣(ネムコ)さんの存在がいかに大きな物であったかここでも窺い知れます。

90 パフィさんからの初カキコ。レス216で触れていますが、この方はイフリートJoker☆ROK☆パフェと名前が変わりますがめちゃくちゃイン率が高くかつ息の長いマリカプレイヤーです。おそらく今もマリカ8走ってらっしゃるんじゃないかな?

95 いなばさんからの初カキコ。とは言えフレンド申請は例のGW中の臨時スレッドだったと思います。いなばさんは元々フレボ民ではなくブログ民でしたので初期の頃は交流する機会が無くゆなさん経由で稀にお目にかかる程度だったのですが、その時期ぐらいからフレボにもデビューされ、その後は大いにご活躍なさるのでした。

97,238 とっしーさんの「GBAクッパ城3」好きは、知らない人は居ないでしょうw

106,149,167,169,175,182,199,200,205 れいな主催の「カンスト杯」 これを主催する事も初期からの夢だったのよね。

107,110 さん主催の「アスリート杯」 私は石川遼で参加しました。

114~117 サンバさん、ろうとさんからの初カキコ。とっしーさん主催の「ハロウィーンパーティ」でご一緒した方々ですが、その他にも現在もDQXなどで活躍中のフレンドさん(空缶さんたち)が多数いらっしゃいます。このルーム戦の賑わいはヤバかった。いまだにその時の動画まで残っているのがいかにとっしーさん主催のルーム戦が楽しかったかの証左と言えましょう。

150,151 オレンヂヂウスさんとリュウさん。この方々も今後長きにわたり対戦するフレンドさんです。

163~165 バトルの基本的裏技の一つですが、教えられなきゃ解らないよね~

216 このさるるだけではなく結構多くのフレンドさんが私の書いた「不幸スパイラル」という記事などを読んでタバコをお止めになりました。あの記事を書いた当初はフレンドがほとんど同じ中高生でしたので場違いな記事って感じだったのですが、後からジワジワとアクセスが増えていきました。あんな物でたとえ1人でも卒煙できるキッカケになったのなら本望です本当に。タバコを合法的嗜好品から外し、日本から完全に排除する事。今も厚生労働省と財務省(JTとグル)との間で綱引きが行われていますが、私もそれを推し進めている人間の1人です。

217 2009年、この日が最後でした。なんだかんだと2008年11月からデビューしたマリカWiiオンラインとフレボ掲示板、一年以上続いているのでした。 その時の記事 を読むと、マリカSNSにも登録したようですね。 223によるとともこさんも登録するとのこと・・・

236 STERさんからのカキコ。そのルーム戦などの様子

239 ヒューズさんからの初カキコ。この方はすごく硬派というか実直な性格の大人の男って感じのフレンドさんでした。一番シビれたのは「賢臓(けんぞう)」という記事でみんなが似たようなコメントを下さる中、一人「それは違う!」と信念のこもったコメントを下さった時かな。

241 空缶さんからのカキコ。初登場ですがたぶん例の臨時スレッドで既に知り合っていたと思われます。ここでもテイルズ作品(テイルズオブグレイセス)を強く推奨されていますw やらねばと思いつつもマリカばっかりでなかなか身が入らない。という状況でしたね。

242 トモユキさんからの初カキコ。そうなんですよね。名前だけはさんや姉からよく聞いていたもののゲーム内で出くわした事が一度もありませんでした。お互い相当なイン率を誇るマリカプレイヤーだったはずなのに。おそらく仰るように時間帯が完全に乖離していたのでしょう。その後はWii版、3DS版、WiiU版とどんどん対戦する機会が増えていく事になります。

258 達春さんというのは元HIJANXさん。すなわち破壊神くん。彼もとうとう昔の自分の姿を客観的に捉えて懐かしむような書き込みをするようになったのですね。

260 れいな主催の「センター試験直前杯」 まあよくもこんな時期にルーム戦など主催したもんだよ。

263 YouTubeに動画をアップする事を覚えてしまいました。早速そのセンター試験直前杯の様子を揚げたのでした。音声とか繋ぎとか未熟ですが初めてにしてはまあ上出来の動画に仕上がってるね。これでますます走る楽しみが増えていくのでした~

267 ひかるさんからの初カキコ。私は直接のフレンドではなかったのですが、姉やともこさんを始めとする共通フレが多く彼女の事はよ~く存じておりました。過激なブログがものすごく興味深かった(≧∀≦) 対戦時の様子 

272 ctさんといもこ♪さんのルーム戦などの様子 

287~296 どうやらこの時期、フレボ掲示板の調子がすこぶる悪く、一生懸命書いても「空揚げ」になったりバグったりと散々な状況だったようですね。

291 この野良の対戦、よーく覚えてます。知らない人でしたがお互いに意地になって延々と喧嘩し続けていました。もちろんレースでですが。できれば相手がこのカキコを読んで「昨日の敵は今日の友」に発展しないかな~と期待したのですが実現しませんでした。